最新記事

欧州

モノ扱いされる難民の経済原理

密航ビジネスの論理は普通のビジネスと同じ。悲劇的な死をなくすためには密航需要を減らすのが肝心だ

2015年10月9日(金)16時30分
ウィリアム・サレタン

新天地へ ヨーロッパを目指すシリア人の難民・移民を乗せてギリシャの港に到着した船(9月) Paul HANNA-REUTERS

 トルコの海岸に打ち上げられた幼い男の子の遺体。地中海で何百人もの人を乗せて転覆した船。オーストリアの道端に放置されたトラックの中で腐敗していた71人の遺体。

 ヨーロッパを揺るがしている難民危機のニュースを聞くと、私たちは胸が痛む。そして、誰かを非難せずにいられなくなる。EU(欧州連合)のドナルド・トゥスク大統領は、密航業者をやり玉に挙げ、「人殺したち」と呼んだ。

 密航業者を非難すれば、私たちの道徳心は満足するだろう。しかし、いま起きている問題の実態を説明したことにはまったくならない。

 悲劇を終わらせたければ、問題の本質を理解する必要がある。そのためには、8月に71人の遺体を乗せたトラックがオーストリアの道端に放置されていた事件で、トラックの車体に描かれていたロゴマークに注目すればいい。それは、ある鶏肉業者のロゴだった。71人は、肉を運搬する冷凍トラックの気密性の高い冷凍庫の中で死亡し、腐敗していたのだ。

 密航・密入国の請負は、品物の密輸と同じように1つのビジネスだ。密輸される品物も、密航・密入国者として運ばれる人間も、いずれも隠されて、狭い場所に押し込まれて運搬される。コストは最小限に抑えられ、問題が生じれば途中で放置される。これは、冷徹なビジネス上の計算が生む結果だ。

 この点に目を向ければ、悲劇をなくすための道筋が見えてくるかもしれない。密航業者の行動を経済行為と位置付けて対策を打てばいい。

 いまヨーロッパに大量の難民・移民が流入しているのは、経済のグローバル化の1つの表れとみることができる。経済的な理由にせよ政治的な理由にせよ、いま暮らしている場所が耐え難い人は、どこに行けばもっといい生活ができ、どうすればその土地に行けるかという情報を得やすくなった。

 自国での悲惨な生活から逃げ出したいというシリアやアフガニスタン、西アフリカなどの人々の思いは極めて強く、しかもドイツなどの暮らしはあまりに魅力的だ。地中海での溺死、トラック内での窒息死、砂漠での遭難といった悲劇はよく知られていても、密航を試みる人は一向に減らない。

 結果として、密航ビジネスの市場は業者側が有利になっている。そのため、密航料金が跳ね上がる一方で、サービスの質はまったく改善していない。

低料金の密航者は船倉に

 密航業者は、一般の旅行業者と同じように、さまざまな価格帯のサービスを用意している。1万ドル以上支払えば、ドイツやスウェーデンに飛行機で直行できる。もう少し安い料金でも、ヨットで地中海を渡り、その後の旅でも快適なホテルに泊まれるだろう。そして何より、料金を第三者に寄託し、無事に目的地に着くまで業者に金が渡らないようにすることができる。

ニュース速報

ビジネス

シャオミ、株式売却などで39億ドルを調達

ワールド

豪中銀、必要なら金融緩和拡大の用意=ロウ総裁

ビジネス

午前の日経平均は小反落、TOPIX高く強い基調は維

ビジネス

コロナ影響注視、必要なら特別プログラム期限延長=雨

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す研究結果

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 6

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 7

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 8

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 9

    アメリカ中西部にコロナ感染の大波 医療現場は崩壊…

  • 10

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 9

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 10

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月