最新記事

過激派

米軍に解放されたISの人質が味わった地獄

イエスと言えば処刑され、ノーと言えばイエスと言うまで殴られる不条理

2015年10月29日(木)17時00分
ニック・ウィンチェスター

奇跡の生還 救出されISから自由になった人質たち Kurdistan Region Security Council-REUTERS

 米軍とクルド人部隊はイラク北部で先週、テロ組織ISIS(自称イスラム国、別名ISIL)に拘束された人質の救出作戦に踏み切った。アラブ人の人質を多数解放した。うち4人がニューヨーク・タイムズの取材に応じ、監禁中の凄まじい体験を語った。

 救出された人質は69人。米軍特殊部隊の兵士1人が死亡した。

 人質はイラク政府または米当局と関係があるとみられてISISに捕まった人々で、監禁中に暴力を振るわれ、電気ショックを受けたりビニール袋で窒息寸前にさせられるなどの拷問に遭った。数人の人質は座らされて、ISISが行った首切り処刑の映像を見せられた。人質の1人は「おまえも数日後に処刑する」と脅されたという。

 取材に応じた人質の1人、35歳のムハンマド・ハッサン・アブドゥラ・アル・ジブリは携帯電話に登録していた米兵2人の電話番号がISISに見つかり拘束された。尋問は理不尽なものだったとジブリは言う。「イエスと言えば処刑されるし、ノーと言えばイエスと言うまで殴られる」

 もう1人の人質で35歳のムハンマド・アブド・アフメドはイラク軍の兵士で、休暇中にISISに捕まった。彼は執拗な拷問で精神的に追い詰められ、この地獄から逃れるにはISISに言われた罪を認めて、調書に署名するしかないと思ったという。署名すれば処刑が待っていることは承知の上だった。

 この救出作戦は元々、ISISの捕虜になったクルド人部隊ペシュメルガの兵士を解放するための作戦だった。アルジャジーラが伝えた米国防総省のピーター・クック報道官の発表によると、救出された人質のうち少なくとも20人はイラクの治安部隊のメンバーだが、それ以外の多くは民間人とみられる。

 クルド自治区安全保障会議は声明を発表。今回の作戦で69人の人質が解放されたことを確認し、加えてISISの戦闘員20人が死亡し、5人を拘束したと伝えた。

 クルド自治区安全保障会議は25日、救出作戦の模様を伝える映像を公開した。

ニュース速報

ワールド

米韓合同軍事演習、コロナで規模縮小して実施へ=韓国

ワールド

加首相、財務相に「全幅の信頼」と明言 政策対立報道

ワールド

NZ中銀、資産買い入れを1000億NZドルに拡大 

ワールド

商船三井の運航船座礁事故、モーリシャス生態系への影

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 3

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 10

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月