最新記事

戦争報道

それでもフリーランス記者は紛争地へ向かう

The Danger of Frontline Reporting

アメリカ人ジャーナリスト惨殺で浮かび上がる戦地報道をめぐるいびつな業界構造

2014年9月3日(水)17時24分
クリストファー・ザラ

 約2年前にシリアで誘拐されたアメリカ人ジャーナリスト、ジェームズ・フォーリーがスンニ派テロ組織ISIS(イラク・シリア・イスラム国、別名ISIL)によって斬首処刑された動画が先週公開された。この衝撃を受け、世界の報道機関は紛争地帯の取材にさらに腰が引けるかもしれない。

「既に現実になっている」と、NPOのジャーナリスト保護委員会(CPJ)のシェリフ・マンスールは言う。「多くのメディアが、シリアの取材を避けている。特派員を一切雇わないと決めたところもあるようだ」

 CPJのデータによれば、シリアはジャーナリストにとって世界で最も危険な場所だ。反政府運動が11年に始まって以降、少なくとも69人のジャーナリストが殺害された。80人以上が誘拐され、そのうち65人は昨年の被害者だ。

 こうしたジャーナリストを狙い撃ちにした事件のせいで報道機関は萎縮してしまっていると、米紙クリスチャン・サイエンス・モニターなどで中東情勢を伝えるトム・A・ピーターは懸念を示す。誘拐や殺害事件が増加して以降、ピーターを含む多くのジャーナリストがシリアから引き揚げた。報道機関も以前ほど現地取材しないようになっているという。

 ジャーナリストは当然、紛争地帯に入ることのリスクを承知している。だが問題は、財務状況が年々厳しくなっている報道機関が、紛争地を取材するための予算の捻出に苦慮していることだ。それでも報じるべきニュースを伝えるために、報道機関、政府、そしてジャーナリストたち自身も協力して、戦地へ向かう記者が適切な安全対策の訓練を受けられる環境を整えるべきだと、ピーターは訴える。

 紛争地でも特に危険な地域での現場報道の多くは、資金面での後ろ盾を持たないフリーの記者によるものだ。CPJによれば、92年以降に世界で殺害されたジャーナリストのうちフリーランスは17%だった。しかしシリアではその比率が約50%に跳ね上がる。

ニュース速報

ワールド

アングル:原油が記録的供給過剰に、生産増とアジア景

ワールド

対イタリア制裁手続き勧告へ、欧州委が21日に=関係

ワールド

英産業界、メイ首相のEU離脱案を支持 「合意なし」

ワールド

アングル:土俵際のメイ英首相、後任候補の顔ぶれ

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    人肉食が予防した不治の病

  • 5

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    リー首相「アジアはもうすぐアメリカか中国を選ばな…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    次の戦争では中・ロに勝てないと、米連邦機関が警告

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    人肉食が予防した不治の病

  • 8

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    安倍首相はよく耐えた!

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 8

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 9

    人肉食が予防した不治の病

  • 10

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月