最新記事

中国

「反中」台湾出身作家vs歌舞伎町案内人<1>

「不可解大国」中国は本心で何を考えているのか? 中国のオモテもウラも知り尽くした2人が日本人の知らない中国の本音と日中の未来について大激論!

2013年4月10日(水)15時50分
構成、本誌・長岡義博

李小牧氏(右)、黄文雄氏(左)   

 世界第2位の経済大国なのに、国民の大半は貧しい農民かせいぜい出稼ぎ労働者のまま。原因が分かっているのに、国民の怒りが渦巻く環境汚染は野放し。こういった国内の矛盾解決に忙しいはずなのに、指導部や軍は領土への関心ばかり――。尖閣諸島の領有権をめぐってもめ始めた2010年以降、日本と中国の対立関係が深まるとともに、日本人から見た中国や中国人の「不可解度」は増している。

 時に世界の常識とはかけ離れた行動を取る中国人は、本心で何を考えているのか。中国という国と日本はどう付き合うべきか。本誌リレーコラム『Tokyo Eye』の執筆者で歌舞伎町案内人の李小牧氏と、台湾出身で日本に半世紀近く暮らす作家の黄文雄氏という中国のオモテとウラを知りつくした2人が、長い歴史と広大な地理をもつ中国と中国人の本音、日中の未来について大激論した。(構成、本誌・長岡義博)

                   *

――まず黄さんにおうかがいしますが、これまでの著書ではかなり辛辣に中国や中国人を批判していますね。

黄:ごく一般的に書いただけですよ(笑)。中国人でもなければ韓国人でもない、台湾という第三の眼で見て日本人と中国人と韓国人はどう違うか、というところを冷静に分析してきたつもりです。

――李さんは歌舞伎町で中国人や日本人はもちろん、韓国人もよく見てきたと思いますが。

李:今年で来日してちょうど25年。まだ黄先生の半分ですが。日本に来て1週間後から歌舞伎町に住み始めました。歌舞伎町には昔から台湾系の人たちが多かった。この町は60年前に台湾人と韓国人、日本人でつくった町です。以前、歌舞伎町の土地の3分の1は台湾人が持っていたんですよ。歌舞伎町に25年住んで、自分のことを中国人でも日本人でもない「歌舞伎町人」だと思ってる(笑)。

黄:中国人は日本が嫌いなはずなのに、帰化する人数も日本人と結婚する人数も、密入国の人数も多いですね。これはどうして?

李:一番近い先進国だ、ということが大きな理由です。生活がしやすく、日本人と結婚すれば差別もない。

黄:「歌舞伎町人」というのは、中国人の中でも突出した考え方では?

李:ほかの中国人でこんなことを言う人はいないです(笑)。歌舞伎町は風俗の町だから、普通は恥ずかしがる。日本人でも白い眼で見る。汚い、ヤクザの町だと。だけど逆に私はそんな街に住んでいることを自慢してきました。考え方でも、日本の批判もするし、中国の批判もする。(来日した)チベットのダライ・ラマ(14世)に会ってコラムも書くし、ウイグルのラビア・カーディルさんにも会いました。

黄:それで中国に帰って大丈夫?

李:一応大丈夫です(笑)。何を書いているかは、中国の国家安全部(編集部注:中国の情報機関)も分かっていると思う。私は上の政治も下の「性事」も、何でも言いたいことを言いますから。

黄:私の姿勢は李さんとはちょっと違う。生まれたのは昭和13年。当時、台湾は日本の領土で、小学1年生まで日本の教育を受けました。終戦当時、学校の校舎は米軍の爆撃で壊れて、テニスコート一面に戦車が並んでそこでよくかくれんぼをした。高校を出て日本に来たわけですが、意識としては「中華民国から逃げたい」という想いが強かった(編集部注:黄氏は内戦で敗れた国民党政府が移る以前から台湾に住んでいた本省人)。当時の台湾人留学生にとって、中国から逃げることが人生最大の幸せでした。

李:それは私も同じ(笑)。

黄:私は日本に帰化したのですが、まだ台湾人意識が自分に残っている。ただ私の息子や娘には台湾人意識はない。母親が日本人のせいかもしれませんが。

李:私が帰化しないのは、もちろん「歌舞伎町人」だからね(笑)。ただ父と母の国である中国を誇りに思っています。社会主義の中国から資本主義の日本と歌舞伎町に来て成功したことも、私にとっては誇り。

黄:李さんは社会主義を信じているの?

李:うちの店(編集部注:新宿・歌舞伎町のレストラン湖南菜館)に毛沢東のでっかいポスターを貼っていますよ。同じ湖南省出身ということもありますけどね、文化大革命でやった悪いことはさておき、同じ男性として尊敬しているので。ヤクザと戦い、警察とも時に戦う私は「歌舞伎町の毛沢東」を自称している(笑)。
 それはあくまで冗談だけど、深圳で暮らしていた時に自分が自由のない国にいることを実感して、それで日本にやって来ました。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン大統領、米大統領選から撤退表明 「ハリス氏

ワールド

トランプ氏、「ハリス氏のほう負かしやすい」 バイデ

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 5
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 8
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 9
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 10
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中