最新記事

中国政治

セックスと嘘と新・重慶事件

市党幹部が18歳少女とのセックスビデオ流出で失脚。相次ぐ同種の醜聞の背景にちらつく新指導部の思惑

2012年12月19日(水)17時55分
メリンダ・リウ(北京支局長)、長岡義博(本誌記者)

リーダーの真意 相次ぐ党員のスキャンダル発覚と解任は習近平(左端)新指導部が党紀粛正を図るサインなのか Carlos Barria-Reuters

 意外かもしれないが、中国でセックスは最大のタブーではない。確かに当局はポルノサイトへのアクセスをブロックしようと躍起だし、乱交パーティーのたぐいは「集団淫乱罪」というれっきとした刑法上の犯罪だ。

 それでも共産党指導部にしてみれば、セックススキャンダルより政治的不祥事のほうがよほど大きな問題だ。ではセックスと政治の両方が絡んだスキャンダルが起きたら?

 おそらくおとがめ間違いなしだろう。そのことは先月、重慶市北碚区の共産党委員会書記を解任された雷政富(レイ・チョンフー、54)が身をもって示した。雷は解任の3日前に、18歳の少女とのセックスビデオがネットに流出していた。

 問題は、地方党幹部の異常な性癖だけではなかった。12秒間のビデオを最初に公開した告発サイト「人民監督網」を運営する朱瑞峰(チュー・ルイフォン)によると、雷の相手をした少女、趙紅霞(チャオ・ホンシア)は「ある建設会社に雇われて、その会社から雷への賄賂としてセックスを提供したプロ」だという。

「重慶市の建設会社の間では、建設プロジェクトについて政府の認可をもらうため、当局者にこの種の賄賂を贈ることが常態化している」と朱は言う。雷はビデオがきっかけで、収賄の容疑を掛けられているのだ。

 朱によれば、趙はひそかに情事を撮影し、雇い主である建設会社に提出。建設会社はそれをネタに雷をゆすっていたらしい(ちなみに趙の報酬は1晩50ドル以下だった)。怒った雷は、重慶市警察を動かして趙を1カ月間拘束させ、建設会社のトップは1年間刑務所に送り込んだ。

 当時、重慶市の警察トップだったのは王立軍(ワン・リーチュン)。そう、今年2月にアメリカ総領事館に駆け込み、後に重慶市トップ薄煕来(ボー・シーライ)の妻によるイギリス人殺人事件が露見するきっかけになった男だ。既に党籍を剥奪され、完全に失脚した薄には汚職容疑が掛けられているが、複数の女性との性的関係も指摘されている。

 雷のセックスビデオは、人民監督網からマイクロブログの新浪微博(シンランウェイボー)を経由して瞬く間に全国に拡散。これを見た中国の主要メディアは、微博ユーザーが党の腐敗追放で大きな役割を果たしていると絶賛した。

 例えば人民日報系の環球時報は、「贈収賄事件の捜査が始まったが、これは微博が腐敗追放運動において異例のスピードで大勝利を挙げた何よりの証拠だ」と持ち上げた。

 環球時報は、セックスビデオがきっかけで汚職が明らかになった役人も実名入りで報じた。そのリストにはまだ追加がありそうだ。朱は「重慶市高官が関わったセックスビデオがあと5本」あり、現在は本人かどうかを確認している段階だと言っている。

 それでも政治的要素がなければ、雷のビデオは特別話題になるような内容ではなかった。何しろ最近中国で話題になるセックススキャンダルは、もっと段違いにハチャメチャなのだ。

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 3

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 4

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 5

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 6

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 9

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 10

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 5

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 6

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 7

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 8

    香港長官「条例撤回」は事実上のクーデター

  • 9

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 10

    差別から逃れるように暮らしていた? 戦前の日系人…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 5

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月