最新記事

テクノロジー

シリア革命の武器はiPhone新アプリ

アサド政権による激しい弾圧の中で、反体制派はネットを駆使して世界に情報発信を続ける

2012年1月27日(金)15時27分
ババク・デガンピシェ(ベイルート支局長)

iPhoneアプリで独裁体制を追い詰める エジプト・カイロのアラブ連盟本部前に掲げられた反アサドの横断幕、11月12日 Asmaa Waguih-Reuters

 先週、政府軍を離反した部隊が軍施設を攻撃し、与党バース党のビルにまでロケット弾が撃ち込まれたシリア。ただ革命はオンラインでも展開されている。

 この8カ月、インターネットは「シリアの春」で重要な役割を果たしてきた。外国人ジャーナリストが締め出されると、反体制派はデモの映像や反政府スローガンをウェブ上で発信。その中には治安部隊が市民に向けて発砲したり殴打したりする様子を捉えた映像もあった。

 そして先週、反体制派はまた新たなツールを革命に持ち込んだ。反体制派の声やニュースを伝えるiPhoneやiPad向けアプリ。その名も「シリアこそすべて」だ。

 3月のデモ開始以降、市民側の犠牲者は3500人を超えていると推定されるが、政府から厳しい弾圧を受けても抗議運動は収まる様子を見せない。

 それどころか、最近手痛いダメージを受けているのは政権側のほうだろう。アラブ連盟は今月中旬、シリアの加盟国としての資格停止を決めた。シリア政府は抗議したが効果なく、ヨルダンのアブドラ国王もアサド大統領の退陣を求めた。

 こうした外交的手段に追い打ちをかけるように、政府軍から離反した兵士らが結成した武装反体制グループ「自由シリア軍(FSA)」は先週、首都ダマスカス周辺にある政府の主要施設への攻撃を開始した。

 標的の1つとなったのが、ダマスカス郊外にあるシリア空軍の情報機関本部だ。この攻撃はFSAが夏に活動を開始して以来、最も注目を集め、最も複雑な作戦だった。

 FSAによる攻撃は新アプリ「シリアこそすべて」を通じてその日のうちに大々的に発信された。そこには攻撃を受けたとされる空軍施設の航空写真にリンクが張られ、3方向からの攻撃を示す矢印が示されていた。

アサドを皮肉るジョーク集も

 制作者はアプリ制作の意図を、反政府活動に関する政府の偏った報道に対抗するためだと語る。「情勢が激しく変化するなかで事実をゆがめようと企てる者たちがいる。われわれはシリア国内から発せられる最も重要なニュースを集めて編集し、世界に発信できるようにしている」

 アプリ制作チームは、反体制派グループの名前をいくつか挙げて謝意を表している。このアプリには、ニュースやビデオ、そして反政府派の活動場所の地図へのリンクなどが掲載されている。

 さらに秀逸なのはジョーク集だ。ちょっと場違いに見えるかもしれないが、これは厳しい暴力を前にしても反政府側はユーモア精神を忘れないとのメッセージだ。最も有名な反体制の歌はアサドやその一族、取り巻きたちを皮肉たっぷりにこき下ろしているが、アプリ内のジョークも同じように辛辣なユーモアで政権を揶揄している。

 例えば、羊飼いの服を着てロバの横に立つアサドの写真には「変装してテヘランの山中をさまようアサド」の見出しが付いている。アサド政権と盟友関係にあるイランへの皮肉だ。

 今後数カ月の間に政権と反体制派の戦いは本格的な内戦に発展しそうな勢いだ。これから反体制派の支持者は「シリアこそすべて」のようなアプリを通じて現地の情報を得ていくだろう。これに対抗して政権側も独自のアプリを開発してくるかもしれない。誰も利用しないだろうが。

[2011年11月30日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

トヨタ株主総会、豊田会長など取締役10人選任議案を

ビジネス

英労働党、「バンキングハブ」の大幅増を約束 銀行支

ビジネス

次回会合での利上げ、データ次第で「十分あり得る」=

ワールド

北朝鮮兵が軍事境界線越え、韓国軍が警告射撃=聯合ニ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 8

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 9

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中