最新記事

安全保障

三菱重工サイバー攻撃、中国の反論

ミサイルや潜水艦、原発関連のデータを狙われたようだが、中国は自らもサイバー攻撃の被害者だと主張

2011年9月21日(水)16時39分

標的は日本の軍事技術? 三菱重工だけでなくIHI、川崎重工業も攻撃を受けていた Toru Hanai-Reuters

 9月19日、日本の防衛産業最大手の三菱重工業は社内のコンピューターシステムがハッキングの被害を受け、一部の情報が流出したことを認めた。

 同社の対応に日本政府は苦言を呈した。日本国内で多くの防衛関連企業がハッカーの標的にされる恐れがある中、政府への報告が遅れたからだ。防衛省によると、同省と防衛装備品メーカーの契約では情報漏えいやその疑いがあった場合は即座に報告することが義務付けられている。三菱重工は米防衛産業大手のライセンスを受けて、F15戦闘機や、パトリオットなどミサイルシステムの生産を行っている。

 三菱重工業が潜水艦やミサイルなどの生産拠点のサーバーやパソコンがサイバー攻撃を受けたことに気付いたのは8月中旬のこと。しかし防衛省がその事実を知ったのは19日の報道を通じてだった。

 ウイルスに感染したサーバーやパソコンは合計83台。コンピューターシステムが外部から不正アクセスされ、情報の一部が漏えいした可能性があると同社は認めている。英BBCによれば、今回の攻撃はミサイルや潜水艦、原子力発電施設に関するデータを狙ったものだ。ただし日本政府は、機密事項の流出はなかったとしている。

証拠がない中国犯人説

 中国外交部は20日、中国がサイバー攻撃を仕掛けているのではないかという見方をはねつけた。北京で開かれた記者会見では外交部の洪磊(ホン・レイ)報道官が「中国政府は一貫してハッキング活動に反対してきた。関連する法律が厳しくこれを禁じている」と語った。「中国はサイバー攻撃の主な被害国の1つだ。中国をサイバー攻撃の拠点だとする非難には根拠がないうえに、インターネットセキュリティーについて国際協力を進めるうえでも有益でない」

 20日には、IHIと川崎重工業、三菱電機も同様の攻撃を受けていたことが判明した。IHIは防衛省向けに戦闘機のエンジン部品を、川崎重工は航空機やヘリコプター、ロケットシステムなどを生産している。これらの企業ではウイルスが添付された電子メールが送りつけられたことが確認されているが、ウイルスに感染したケースや情報流出はないという。

GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ウクライナGDP、1─5月は前年比4.3%増 5月

ワールド

南アのラマポーザ大統領、2期目就任

ワールド

中国、南シナ海巡る言葉と行動を一致させるべき=フィ

ワールド

中国軍、「根深い」問題に直面 反腐敗を強化=習主席
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中