最新記事

イギリス

ロンドン暴徒から社会保障を剥奪せよ

London Rioters Could Lose Welfare Benefits

暴動に加わった若者とその家族は公営住宅から追い出し、社会保障も剥奪しろ——そんな市民の怒りの声にキャメロン首相も同調し始めた

2011年8月15日(月)17時16分

 イギリス全土で1900人以上の逮捕者を出したロンドンの大暴動。主に低所得者層の若者が暴徒と化したといわれるが、デービッド・キャメロン首相は、こうした暴徒から社会保障を剥奪せよという市民の訴えに同調する姿勢を見せている。既に、身柄を拘束された暴徒の家族に対し、公営住宅からの立ち退き処分を決めた自治体もある。

 キャメロンは先週、「自分たちのコミュニティーで略奪行為を行う者」が公営住宅に住み続けることを認めるべきではないと語った。「公営住宅を出れば、家賃の高いところに移らざるを得なくなるだろうが、彼らは先のことを考えた上で行動すべきだった」

 暴動に加担したとされる容疑者に対する社会保障費の支給をやめるかどうかについては、来月国会で審議される予定だ。その際には、オンラインで国民10万人以上の署名が集められた嘆願書も参考にされる。

 暴徒から社会保障を剥奪すべきだと訴える嘆願書には、こう書かれている。「地域の財産を破壊・略奪し、自分たちに生活保護を提供してくれている国家を軽視した者に対して、血税が使われるべきではない」

「暴徒に貸す部屋は1つもない」

 ロンドン南部のワンズワース区議会は先週、暴動に参加した容疑で当局に拘束された若者の母親に対し、公営住居からの立ち退き処分を決めた。これは、暴動に激怒する住民たちの意向を汲み取ったものだ。インターネット上で16万人以上の住民が、暴徒への社会保障を剥奪せよという嘆願書に署名したという。

「公営住宅の家賃が相場より安いのは、地域住民の税金で補填されているからだ。負担してもらっている分、公営住宅の居住者には責任が伴う」と、キャメロンはBBCに語っている。「暴動に関わった者に、もはや居住権はない」。今回、立ち退き処分に踏み切ったワンズワース区議会は、キャメロン率いる保守党が多数を占めている。

 ワンズワース区議会の決定が執行されるには、裁判所の承認が必要だ。AFP通信によれば、区議会は立ち退き処分の根拠として「居住者の犯罪もしくは反社会的行為を禁じるとした賃貸契約への違反」を挙げている。「暴力行為に加担したり近隣住民への迷惑行為、地域の混乱を招くような行動をとる人物に貸す部屋は1つもない」

 ガーディアン紙によれば、ロンドンで住宅事業を手掛けるピーボディ・トラスト社のステファン・ハウレット社長は、裁判所では立ち退きは不当と判断されるだろうとみている。「暴動に関わった者たちには厳格な処分を求めるが、刑法で重い裁きを受けさせるほうが先決だ」

GlobalPost.com特約

ニュース速報

ワールド

アングル:イタリア総選挙、甘い公約に潜む「債務の時

ビジネス

アングル:米株の波乱「まだ終わらない」、古参投資家

ビジネス

アングル:米株市場、長期金利への反応に変化 一部に

ワールド

焦点:足元の原油安、底打ちはいつか

MAGAZINE

特集:AI 新局面

2018-2・20号(2/14発売)

仕事を奪うとばかり恐れられてきた人工知能AIが新たにつくり出す可能性と、それでも残る脅威

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ウイグル「絶望」収容所──中国共産党のウイグル人大量収監が始まった

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 5

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 6

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 7

    フロリダ州銃乱射、悪いのは銃かメンタルか

  • 8

    北朝鮮の飢きんが生んだ「人造肉」 闇市と人民の工…

  • 9

    宇宙に打ち上げられたイーロン・マスクのテスラが地…

  • 10

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北者」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 6

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 7

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 8

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 9

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 10

    日本で中小企業が激減している根本的な理由は何か?

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 9

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 10

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月