最新記事

サッカー

W杯で負けた北朝鮮女子の呆れた言い訳

女子W杯第一戦でアメリカに負けたのは「選手が雷に打たれたから」と強弁する悪い癖

2011年6月29日(水)15時03分
エミリー・ロディッシュ

実力差 アメリカチームの得点後、呆然とする北朝鮮選手(6月28日) Thomas Peter-Reuters

 北朝鮮の女子サッカーチームがアメリカに負けた。その言い訳がふるっている。選手が雷に打たれたのだという。これまで北朝鮮がでっち上げてきた口実のなかでも最高の部類ではないだろうか。

 昨日、女子ワールドカップ・ドイツ大会の1次リーグ第1戦で、アメリカが北朝鮮を2-0で下した。アメリカは優勝候補だから順当な結果だし、スポーツに詳しい人から見ればまずまずの試合内容だったことは間違いない。

 それでも、試合後に行われた会見で北朝鮮の金光民(キム・グァンミン)監督は、北朝鮮チームのプレーがいまひとつだったのは「5人以上」の選手が落雷に打たれて怪我をしたせいだと説明した。

 言っておくが、試合中にではない。そんなことがあれば、誰かが気付いているはず。落雷があったのは3週間前だという。

 スポーツ情報サイト「デッドスピン」はこう書いている。


「6月8日に落雷に遭った」と金は語った。「5人以上」が入院し、「ゴールキーパーとストライカー4人が最も重傷で、MFも数人怪我をした」という。当然ながら選手たちは万全の状態でなかったため、今日の試合は「作戦通りにはいかなかった」と金は続けた。


 もっとも、サッカーチームが雷に打たれるのはありえない話ではない。98年にはコンゴ民主共和国での試合中に雷が落ち、コンゴチームの11人全員が死亡するという痛ましい事件も発生あった。

 それが今回は北朝鮮の女子チームに落ちたというだけの話。何となく都合の良すぎる話だが。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

国連安保理、新型コロナで初会合 具体策で合意できず

ビジネス

3月の中国PPIは前年比-1.5%、CPIは前年比

ビジネス

トランプ政権「5月にも経済再開の可能性」 FRB議

ビジネス

米ユニバーサル・スタジオ、施設閉鎖を少なくとも5月

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    新型コロナウイルス、男性の死亡リスクが高い理由

  • 5

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 6

    戦うべき敵は欧米コンプレックス

  • 7

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 10

    夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 5

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月