最新記事

性産業

カナダも売春ビジネスを合法化?

売春禁止法が売春婦の安全を脅かしている――矛盾した連邦法の是非を問う裁判で、法律無効の判決が下れば売春宿が合法になる日も近い

2011年6月20日(月)17時19分
サンドロ・コンテンタ

危険と隣り合わせ 売春合法化で安全に働けるようになると期待が高まるが(トロントでの国際エイズ会議に参加する売春婦たち、06年8月) J.P. Moczulski-Reuters

 カナダで、売春婦を標的にした連続殺人犯といえば、ロバート・ピクトンの名前があがるだろう。養豚業者のピクトンは90年代からバンクーバー郊外のダウンタウン・イーストサイド地区に姿を現し、売春婦たちにドラッグやカネを渡していた。そして彼女たちを自分の農場に連れ込み、体を切り刻んでブタの餌にしていたのだ。後に逮捕され、07年に行われた裁判では49人の女性を殺害したと自ら主張し、終身刑を下された。

 ピクトンのサディスティックな連続殺人が今、カナダで注目を集める裁判の行方に影響を及ぼしている。カナダの売春禁止法が売春婦たちの安全を脅かしているかを問う裁判だ。

 オンタリオ州の裁判所は昨秋、売春禁止法を無効とする判決を下した。連邦政府はこの判決の取り消しを求めて現在、控訴審で争っている。控訴審で判決が覆らなければ、オンタリオ州では売春宿をはじめ売春関連のあらゆる行為やビジネスが合法となる。そうなれば、同様の動きがカナダ全土に広がる日も近い。

 売春に関するカナダの現行法は、矛盾を抱えた代物だ。売春は合法だが、売春に関わるあらゆる行為は違法。たとえば売春宿は非合法で、売春のために交渉などを行うことも禁止されている。売春関連のビジネスで生計を立てたりすれば、刑務所行きだ。

 その結果、売春婦は路上で働かざるを得なくなり、運転手やボディーガードを雇うこともできない。売春婦は人目を盗んで短時間で客と交渉するため、客が危険な人物かどうか見極める余裕もないと、売春婦たちは裁判で証言していた。これでは憲法で保障された個人の身の安全を守る権利を侵害することになるとして、オンタリオ州のスーザン・ヒメル判事は法律を無効とした。

警察の偏見が事態を悪化

 原告の1人で、「SM女王様」として働く売春婦のテリー・ジーン・ベッドフォードは、裁判で自らの体験を証言。「話し尽くせないほど数多くのレイプや集団レイプの被害」を受け、野球バットで頭を殴られたり拷問を受けたこともあるという。それでも屋内で働こうとするたびに、「売春宿」を経営した、あるいは従業員として働いたと見なされ、告発された。

 売春婦に対する警官のあからさまな偏見も、リスクを高める要因となっている。バンクーバー警察とカナダ国家警察は97年時点で既に、ピクトンが相次ぐ売春婦の失踪に関係しているらしいとの情報を得ていた。同年、彼は殺人未遂罪で起訴されたが、被害者の売春婦がドラッグ常用者で証言が「信用できない」として取り下げられた。

 99年には、ピクトンが農場の冷蔵庫に人肉を入れているとの垂れ込みもあった。だがピクトンが警察の尋問を受けたのは2000年になってから。ピクトンは農場の家宅捜索も承諾したが、警察は実行しなかった。

 連邦政府は、売春にかかわる男性を取り締まることで売春自体を抑制しようとしていると主張している。しかし今のところ、オンタリオ州控訴審の判事たちの共感は得られていないようだ。売春宿やボディーガードを雇うことを禁じた法律が、売春婦を危険にさらしていることは「自明の理」だと、デービッド・ドアティー判事は語っている。

 ドイツやニュージーランドなど、売春や売春宿が合法化されている国もある。オンタリオでの反応を見る限り、カナダがこうした国の仲間入りをする日は近いかもしれない。

GlobalPost.com特約

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 6

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 7

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    【韓国経済データ】対日輸出動向(2019年1~8月)

  • 10

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 1

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 2

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 5

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 8

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャ…

  • 9

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 10

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 1

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月