最新記事

ロシア

空港爆破テロにロシアの意外な対応

モスクワでまたもや起きたテロ事件。指導層の対応や過去の事件と異なる点をまとめてみると――。

2011年1月25日(火)18時06分
アン・アップルボム(ジャーナリスト)

厳戒態勢 ドモジェドボ空港の外で対応に追われるロシア連邦保安局(FSB)の職員たち Denis Sinyakov-Reuters

 ロシアのモスクワ近郊にあるドモジェドボ空港で1月24日、大規模な爆発があった。私がこれを書いているのは事件発生の数時間後で、爆破犯の詳細はまだ分かっていない。現時点で明らかになっているのは以下の点だ。

■これまでになく迅速な対応

 ロシアのドミトリー・メドベージェフ大統領は早くも、国民に向けたテレビ演説で被害者に対する哀悼の意を表明。26日開幕の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)のためにスイスへ向かう予定を延期した。

 以前ならロシアの指導者がこうした惨事に何らかの対応をみせるまで、もっと時間がかかった。1986年、旧ソ連のチェルノブイリ原子力発電所で放射能汚染事故が発生した際、ミハイル・ゴルバチョフ書記長が事故について言及したのは3週間もたってからだった。2000年の原子力潜水艦クルスクの沈没事故では、ウラジーミル・プーチン大統領(現首相)は休暇を直ちに切り上げず、難航する救出作業で他国の援助を受け入れたのも発生から5日目のことだった。

■過去の教訓を生かした情報提供

 タチアナ・ゴリコワ保健社会発展相は、被害者とその家族が電話で心理・医療相談ができるホットラインを開設。ドモジェドボ空港のウェブサイトも、事故情報ホットラインの番号を掲載した。

 死傷者数の情報も随時更新されている。現時点で少なくとも死者34人が確認されており、負傷者は140人以上、そのうち60人以上が入院した。家族なら、搬送先の病院も教えてもらえる。04年に北オセチア共和国ベスランで起きた学校占拠事件では、当局は最初から被害者の名前や人数などについて最新ではなかったり、つじつまの合わない情報を流していた。

■今回出てきた新しい問題

「空港から市内へ行くのに、タクシー運転手は2万ルーブル(約5万5000円)も要求している」――現場にいた人は、ツイッターでこう愚痴をこぼした。

 空港周辺では、かなりの交通渋滞が発生。その対応に臨時の交通巡査が派遣されている。渋滞に怒ったドライバーたちが、救急車を通すことを拒否する事態も起きたためだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

中国工業部門利益、1─4月は4.3%増で横ばい 4

ワールド

米ルイジアナ州、経口中絶薬2種を規制薬物に指定 国

ワールド

仏大統領、24年ぶりドイツ国賓訪問 「欧州は重要な

ワールド

バングラとインドにサイクロン上陸、数百万人に停電被
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中