最新記事

フランス

サルコジを脅かす執事の盗聴テープ

ロレアル創業者一族の争いが仏政界を揺るがすスキャンダルに発展。一族の未亡人の執事は何を聴いたのか

2010年7月14日(水)18時07分
アン・アップルボム(ジャーナリスト)

大打撃 テレビ番組に出演して釈明するサルコジ大統領(7月12日) France2 Television-Reuters

4月にパリで初めて「ベタンクール事件」について聞いたときには、あまりに込み入った話なので愕然とした。6月、あるフランスの政治家がさらにドロドロした詳細について嬉々として私に語ったときには、この事件はさらに信じ難いものに思えた。

 しかし7月に入る頃までには、この贈収賄と富豪の未亡人と執事の裏切りに彩られた事件は、フランス政界を揺るがす大スキャンダルに発展。そして先週6日の報道によって、突如ニコラ・サルコジ大統領の身辺まで脅かしはじめた。こうなると、もうこの事件を軽く見てはいられない。

 12日夜のテレビ番組に出演したサルコジが疑惑について説明するのを、私はじっと見守った。だが結局、事件の真相は分からないままだ。

 かいつまんで言うと、事実関係はこうなる。事件の中心となるのは化粧品メーカー、ロレアルの大株主で社交界の大物、87歳のリリアン・ベタンクール夫人。フランスでも有数の富豪だ。

 夫人は3年ほど前、娘のフランソワーズに告訴された。財産の一部を、63歳の「男友達」である写真家フランソワ・マリー・バニエに譲ったからだ。その中には、ピカソやマティスの絵画、現金、インド洋上のセイシェルの島などが含まれる。

 フランソワーズは、母はぼけてしまったに違いないと主張。対する夫人は、娘は出来が悪くて魅力に欠け、嫉妬深い人間だと反撃した。

「敵側」の使用人解雇が致命傷に

 これだけなら、フランス人がひと夏楽しめるスキャンダル劇場で終わっただろう。だがその裁判の過程で、夫人は娘フランソワーズの味方についたとして自宅の使用人を数人解雇した。これが間違いだった。

 ベタンクール家の執事は数週間にわたり、カクテルトレーに隠した小型レコーダーで夫人の会話を録音していた。執事は解雇を言い渡されると、その録音テープ(CDにして約25枚分)をフランソワーズに渡した。フランソワーズはテープを警察に提出。テープにはなんと、数百万ユーロ相当の財産がどうなっているか把握していない、と話すベタンクール夫人の声が録音されていた。

 さらにテープには、ベタンクールの財務顧問責任者が手の込んだ脱税方法について彼女に説明し、世間体をつくろうためにサルコジの側近エリック・ブルト労働相の妻を雇ったことを豪語する様子も録音されていた。

 既に事態は最悪に思えたが、ここでさらなる事実が発覚した。同じく解雇されたベタンクール家の会計士「クレア・T」が、こんな告白をしたのだ。現金を封筒に詰め、政治家に手渡すのが自分の役目だった――。

「政治家は皆、封筒を受け取りにやって来た。その額は10万〜20万ユーロになる場合もあった」と、彼女はウエブサイト上で証言。受け取った政治家には、サルコジも含まれると暴露している。

 事件は大騒動になり、混乱を極めた。疑惑の否定も始まった。捜査当局は、労働相の違法行為はなかったと発表。クレア・Tは一転、態度を曖昧にしだした。

 12日夜のテレビ出演で、サルコジはこのような嫌疑がかけられたのは「恥ずべきことだ」と発言。さらに、自身が掲げる経済改革に対する国民の反感をあおっているとして、メディアの対応も非難した。

 果たして、この会見にどんな意味があったのだろう。サルコジは封筒を受け取っていたのか? ベタンクール夫人が「男友達」にピカソを譲ったのは正気の沙汰だったのか? どちらも明らかになる日が来るとは思えない。だがもはやそんなことは大した問題ではない。

 このスキャンダルは、既にサルコジに修復不可能なほどのダメージを与えてきた。フランスの政治家と財界大物に対して一般人が思い描くステレオタイプそのままの事件だったからだ。

ニュース速報

ワールド

焦点:膨張する中国企業の鉱物資源買収、豪加当局が「

ワールド

焦点:中国、コロナワクチン開発で先頭集団に 「戦時

ビジネス

トランプ氏、学校再開へ再び圧力 税制優遇措置など再

ビジネス

英、EUコロナワクチン事前買取案への不参加表明

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 6

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 7

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 8

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 9

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 10

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月