最新記事

フランス

サルコジを脅かす執事の盗聴テープ

2010年7月14日(水)18時07分
アン・アップルボム(ジャーナリスト)

陰惨な貴族主義そのままの振る舞い

 事件の当事者たちは、何億ユーロもの大金をモノポリーゲームで遊んでいるかのようにやり取りしていた。彼らは18世紀の喜劇よろしく互いを罵り合った。「農民」たちの年金をカットする一方で、まるで自分たちには適用されないかのように税制度を無視した。

 彼らの発言や振る舞いは、端的に言えば民主主義ではなく貴族主義だ。この点こそが、サルコジに大打撃を与えた。サルコジはもとはといえば、シラクやミッテラン政権下で、愛人や二重帳簿、いかがわしい財界のパトロンなどの存在にうんざりしたフランス国民によって選ばれ大統領だからだ。
 
 この事件は、気味悪いほどレトロな雰囲気を漂わせたスキャンダルでもある。議会制民主主義の力が弱く、ファシズムが台頭し、ソビエトの後押しする共産党が支持を集め、閣僚たちが公費で私服を肥やしていた時代――1930年代のフランスで起こってもおかしくないような事件だ。

 なにしろ、ベタンクールの父、ロレアルの創業者はファシストを支持して親ドイツのビシー政権を支えた人物だ。対照的にベタンクールの娘フランソワーズは、アウシュビッツで死亡したフランス人ラビ(ユダヤ教聖職者)の孫に当たる男性と結婚した。

 不幸にも妻がベタンクール家の会計士に雇われていたブルト労働相(当時は予算相)。国民の間で不人気極まりない年金改革を進めるのが、彼の仕事だ。今週発表される予定の年金改革法案は、労働組合や社会主義者、共産主義者(今でもフランスに存在する)からさえも猛反発を受けることが予想されている。

 大統領選を戦っていたとき、サルコジはこう約束した。「過去の考え、慣習、行動から決別する」――しかし今、そうした過去の「亡霊」がすべてよみがえり、しつこいぐらいにサルコジに付きまとっている。

Slate.com特約)

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、独立記念日に記念碑破壊批判へ 景勝地で

ワールド

NFLレッドスキンズ、チーム名変更検討へ 人種差別

ワールド

仏新首相にカステックス氏、マクロン大統領再選見据え

ワールド

ゴーン被告「逃亡劇映画化も」、ジェット会社幹部が法

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 5

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 6

    新型コロナが細胞に生やす不気味な触手の正体は

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 9

    亡き娘にもう一度会いたい──死者にVRで再会する番組…

  • 10

    【香港危機】台湾の蔡英文がアジアの民主主義を救う

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 9

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 10

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月