最新記事

中国社会

殺人事件が語る中国の闇

北京五輪期間中にアメリカ人を刺し殺した男は、いかに負け組へと転落したか

2009年4月7日(火)16時19分
メリンダ・リウ(北京市局長)

 こんな恐ろしい事件を起こす男にはみえなかった――唐永明(タン・ヨンミン)を知る人はそう口をそろえる。

 北京五輪開幕の翌日である8月9日正午過ぎ、13世紀に造られた観光名所の鼓楼で事件は起きた。47歳の唐は刃物でアメリカ人夫妻を襲い、その直後に高さ約40メートルの西のバルコニーから飛び降りて自殺した。

 バレーボール米代表チームのコーチの義父トッド・バックマンは死亡し、妻のバーバラは重傷を負った。一緒にいた若い中国人ガイドも負傷した。

 唐の動機は今も不明だ。「異常なところはまったくなかった」と、以前失業した唐に職を斡旋した地域相談員の王(ワン)は言う。王の同僚も「どうみても普通の人だった」と断言する。

 事件当時は、犯人が「普通の男」であることが安心材料になった。当局はテロではないと判断し、オリンピックは続行された。だが、普通の男の犯行であることのほうが厄介だった。失業、結婚生活の破綻、一人息子の浪費癖という唐を追い詰めた問題は、今の中国ではありふれた悩みだからだ。

 この30年の経済改革で中国のセーフティーネットは切り裂かれ、社会は大きく変貌した。今や中国は世界最悪のストレス社会。改革開放30周年を12月に控える当局が、景気刺激策に総額4兆元(約57兆円)を投じるのはそのためだ。

 政府が躍起になるのも無理はない。毎年新しい雇用を保障するため、中国経済は7・5〜8%の成長を維持しなければならない。すでに全国で労働争議や暴動が頻発している。今年は中国の玩具メーカーの半数が倒産し、数百万人が失業した。重慶では数週間前、燃料値上げに怒ったタクシー運転手たちが警察車両を燃やす騒ぎも起きている。

 唐も彼らと同じ不満をかかえていた。当局の目を気にして、彼を知る人たちの口は重い。だが唐の物語は、表面からは見えない中国社会の水面下に広がる緊張感を示している。

 唐は61年、浙江省杭州市郊外の村で生まれた。当時の中国は政府の厳しい統制下にあったが、「鉄飯碗」(割れないお碗)と言われたように、国が仕事や家、基本的な生活サービスを保障していた。

 その後の市場経済導入はかつてない繁栄と同時に、熾烈な競争をもたらした。人口10万人当たり23人という中国の自殺率は、アメリカの2倍以上。上海市精神衛生センターの最近の発表によると、この10年に市内の鬱病患者は4倍に増えた。

 とくに唐のような中高年層は深刻なダメージを受けている。昔は貧しくとも誇りをもてたが、今は金がすべて。「やり場のない怒りをかかえる人たちもいる」と、広州の心理学者韋志中は言う。「国のために頑張ってきたのに報われていないと彼らは考えている」

MAGAZINE

特集:世界はこう見る日韓不信

2019-1・29号(1/22発売)

徴用工判決にレーダー照射......中国が台頭する東アジアで終わりなき争いを続ける日本と韓国への「処方箋」

人気ランキング

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

  • 3

    「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人分の富を保有。富裕層があと0.5%でも多く税金を払えば、貧困問題は解決するのに

  • 4

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 5

    偶然ではない、日韓は「構造的不仲」の時代へ

  • 6

    ネイティブが話す「本物」の英語は世界の職場で通じ…

  • 7

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 5

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 6

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 7

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 8

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月