最新記事

動物

連続不法侵入犯が遂に捕まる 保釈金はクッキーでご勘弁!?

2018年07月23日(月)17時50分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Cape May Police Department/Facebook

<犯人のコメントは得られていないが、事件発覚から保釈までの経緯が明らかに>

アメリカ・ニュージャージー州。地域を混乱に陥れていた連続不法侵入犯が遂に捕まった。

メトロ紙によると、犯人の名前はビーン。何度も捜査の手を潜り抜け、犯行を繰り返していたという。

しかし悪運も遂に尽きた。ある家の庭に侵入、徘徊していたところを住民に見つかり通報された。駆け付けた地元のケープ・メイ警察によって、あえなく御用となったというわけだ。

ありふれたニュースかと思いきや、実は犯人はパグ。地域の安心・安全を使命にする警察当局は、ビーンを容疑者として逮捕し警察署に連行。しっかりとマグショット(逮捕後に撮影する本人写真)を撮り、フェイスブックに投稿した。「自業自得。家出するとこういう結果が待っている」というメッセージを添えて。

身元引受人、現る

警察当局は、侵入犯に然るべき措置を取ったと主張しているが、この犯人の表情を見てほしい。警官に抱えられながら、心細そうな様子で写っている。

この珍投稿には約2000人からコメントが寄せられた。中にはビーンの安否を心配する声もあり、近所に住むマット・ウィントナーは「身柄を拘束するときに警官が乱暴したってことはないだろうな?」と書きこんだ。

投稿のコメント欄では、ビーンの写真で大喜利まで始まった。あるユーザーは「警官:『なぜ捕まったかわかるか?』、ビーン:『この首輪は断じて僕のじゃありません』」と投稿。警察当局のフェイスブックページとは思えないほどの盛り上がりを見せた。

もちろん、マグショットの拡散は単なる「見せしめ」ではない。飼い主を探す真っ当な目的もしっかりと果たした。警察当局によるとビーンは、写真が拡散された日の午後に飼い主に身柄を引き取られていった。そのとき、飼い主は「保釈金」としてクッキーを置いて行ったという。

今回の逮捕について、ビーン本人からコメントは得られていないが、勾留中に反省し、多くを学んだと信じたい。家出をしたら、代償はクッキーで支払うことになるのだ、ということを。


(警官の手には、「保釈金」のクッキーが)

ニュース速報

ワールド

中国、台湾への武器売却巡り米企業に制裁を科す方針

ビジネス

トランプ氏、激戦ペンシルバニア州で遊説 大統領選ま

ワールド

ベラルーシでストやデモ、大統領の退陣要求

ビジネス

トルコ大統領、仏製品ボイコット呼び掛け 風刺画で対

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 3

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」と環球時報

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 6

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 7

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 8

    中国はトランプ再選を願っている

  • 9

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!