最新記事

スポーツ

大坂なおみは「率直で誠実ゆえに傷ついた」...社会活動、メディア対応、そして重圧をめぐる「真実」

WHY THIS BOOK

2024年02月09日(金)17時07分
メレディス・ウルフ・シザー(本誌記者)
大坂なおみのメンタルヘルスに迫る

記者会見でもヘッドホンを外さない場面が目立つように(21年) JIMMIE48

<大坂なおみのメンタルヘルスと「素顔」に迫る新著を出版したベン・ローゼンバーグに聞く>

大坂なおみのメンタルヘルスに迫る新著を出版したジャーナリストのベン・ローゼンバーグに、本誌メレディス・ウルフ・シザーが聞いた。

240213p47_ONB_01s250H.jpg

COURTESY OF DUTTON

◇ ◇ ◇


──大坂なおみにとって最大のチャレンジは何だと思う?

究極のチャレンジは、内気で外界から遮断されていた頃の自分と、世界的なスターになった今の自分の折り合いをつけること。その終わりなき闘いだろう。

この本を書いたおかげで、私は思春期の彼女の孤立について、より深く理解できるようになった。

テニスの夢をひたすら追い求める両親のせいで、少女時代の彼女は「普通」の社会性を養うことができなかった。でも大人になってから、その遅れを取り戻そうとしている。しかも衆人環視の状況で。私たちの目の前で、彼女は日々成長し、学び、進化している。だから彼女は強い。

19年の全豪オープンを制してトロフィーにキス

19年の全豪オープンを制してトロフィーにキス JIMMIE48

──今の彼女は社会活動家でもある。それはテニス選手としてのキャリアにプラスか、それともマイナスか?

私がこの本を書こうと思ったのは、なおみが目覚ましい活躍をした2020年の夏だ。彼女はトーナメントを通じて人種的正義の問題に取り組んだ。警官の人種差別的な暴力に遭った黒人被害者の名を記したマスクを着けて、全米オープンの舞台に立った。

なおみはメジャー大会に出る選手としてかつてないほど、活動を前面に押し出した。そしてそれを重荷と感じたり、集中力を欠いたりすることなく、むしろインスピレーションやモチベーションに変えて、人生最高の勝利をつかんでみせた。

──なおみが記者会見に出ないと発言したことに驚いたか。

会見ボイコットには不意を突かれた。なおみはメディアに対して特に悩んでいる様子もなく、非常に率直に対応することで知られていた。でも後から考えると、そうした率直さと誠実さのために、彼女はとても傷つきやすくなっていた。決まり文句で逃げたりせず、全ての質問に本気で答えていたから。

──22歳で、なおみは女性アスリート史上最高の収入を手にした。それが過度のプレッシャーを感じる一因になったと思うか。

もちろん。そして、それはスポーツ界の選手や代理人があまり理解していないことだと思う。スポンサーは、選手が成し遂げたことだけでなく、次に成し遂げることにお金を払っている。だから、その期待に見合ったプレーをしなければいけない。これはとんでもないプレッシャーだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

国連安保理、分断で権威失墜 「真剣な改革必要」=事

ワールド

スウェーデンNATO加盟へ、ハンガリーが承認 米も

ビジネス

米1月新築住宅販売、1.5%増の66.1万戸 予想

ワールド

バイデン・トランプ両氏、南部国境訪問へ 移民問題が
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 2

    「豊胸手術をしなければよかった」...ヴィクトリア・…

  • 3

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 4

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 5

    「戦うバービー」ではないドラマ『ブラザーズ・サン…

  • 1

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 2

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 3

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 4

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 5

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 1

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 2

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 3

    キャサリン妃の5つの「一軍バッグ」...イギリス製か…

  • 4

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 5

    イギリス経済にも大貢献...キャサリン妃の「世界的指…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界が愛した小澤征爾

特集:世界が愛した小澤征爾

2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの