最新記事

子供

「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

School Girls Targeted

2019年02月08日(金)16時00分
ジェイソン・レモン

制服を着た子が口笛を吹かれたり盗撮されたりする事例が多発 SolStock-iStock

<イギリスでは「制服」女子中高生の3分の1が被害に>

#MeToo運動の世界的な広がりでセクハラに対する意識は高まったが、女子中高生が街中で性的嫌がらせや痴漢行為に遭う状況は今も深刻だ。

イギリスでは、女子中高生の3分の1以上が学校の制服を着ているときにセクハラ被害を受けていることが調査で分かった。

子供の権利を守るNGOプラン・インターナショナルUKが2018年6月イギリス全土で14~21歳の女性1004人を対象に実施した調査で、実に66%が公共の場で口笛を吹かれる、じろじろ見られる、体を触られるなど不快な体験をしていた。

うち35%は体をまさぐられるなどの被害を訴えた。また8人に1人は、街中で初めて性的嫌がらせを受けたのは12歳以下のときだったと答えた。

【参考記事】「暴力」がなければ「強姦」ではない!男寄りの判決相次ぐ

7人に1人は制服を着て歩いているときに見知らぬ男に尾行されたことがあると答え、見知らぬ人に許可なく写真や動画を撮られるか、スカートの中を盗撮されたことがあると答えた少女は8%に上った。

「年端のいかない少女が性的なからかいの対象になり、悪質な場合は後をつけられる──そんなことがあってはならない」と、調査を率いたタニヤ・バロン代表は言う。「恥ずべき行為として告発し、やめさせなければ」

予防策を講じる親もいる。

「ママに制服を着て出掛けちゃダメと言われた」と、14歳の少女は調査スタッフに話した。

「制服を着ていると大人びて見えるからって」

25歳の女性は制服を着た10歳の妹に男が口笛を吹くことに激しい怒りを感じると話した。

「まだほんの子供なのに......」

【参考記事】赤ちゃんもレイプするペドフィリアの男たち、その罪状

RANKING

  • 1

    避妊薬の服用法にバチカンへの「忖度」があった!?

  • 2

    女性器切除、ヴァギナアート、性的虐待──戦う5人の女…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    子供がいる人は幸せを感じていない? 現代の親たち…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    避妊薬の服用法にバチカンへの「忖度」があった!?

  • 3

    女性器切除、ヴァギナアート、性的虐待──戦う5人の女…

  • 4

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    「顔に何かいる...」寄生虫は顔面にも住みつく レジ…

  • 3

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 4

    加糖ジュース、「飲めば飲むほど死亡リスク高まる」…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!