最新記事

ヒラリー・クリントン

「人をイラつかせる何か」を持つヒラリー 22年も嫌われ続けるその理由

2019年01月25日(金)17時30分
ミシェル・ゴールドバーグ(ジャーナリスト)

Aaron P. Bernstein-REUTERS

<女性初の大統領の座にあと一歩まで近づいたヒラリー・クリントンが驚くほど不人気な理由>

ヒラリー、大好きよ。でもお願いだから消えて──。

そんな衝撃的な見出しがロサンゼルス・タイムズ紙に躍ったのは2017年9月のこと。あらゆる予想に反して、米大統領選でドナルド・トランプに敗れてから約1年。一時は同情が集まったものの、自己愛たっぷりの回顧録が刊行されて、再び全米の「ヒラリー嫌い」に火が付いた。

なぜ、ヒラリー・クリントンは嫌われるのか。全米トップ100位に入る優秀な弁護士から、ビル・クリントン大統領の妻としてホワイトハウスへ。全米の好奇の目にさらされながら夫の不倫騒動に耐え、自ら上院議員の座をつかみ、バラク・オバマ大統領の下で国務長官も務めた。女性初のアメリカ大統領という夢は破れたものの、不屈のヒーローとしてたたえられて当然のように思われるのに......。

アメリカ人が漠然と抱いていた「ヒラリー嫌い」が、メディアで初めて詳しく分析されたのは96年、クリントン夫妻がホワイトハウス入りして3年目のことだ。ハーバード大学のヘンリー・ルイス・ゲイツ教授はニューヨーカー誌に、「競馬と同じで、ヒラリーの悪口を言うことは、エリートと浮浪者を結束させる娯楽になった」と書いた。さらにゲイツは、作家サリー・クインの言葉を紹介している。「彼女には、人をイラつかせる何かがある」

0911p26-hillary001.jpg
ILLUSTRATION BY MCT/GETTY IMAGES

あれから22年がたったが、相変わらずアメリカ人はヒラリーのことを嫌っている。ただ、その理由は当時とは正反対になった。

かつて元共和党スピーチライターのペギー・ヌーナンは、ヒラリーの「純朴そうな自信」は「政治的なものであり、しゃくに障る」と評した。そこには「自分は道徳的に正しい政治を実践しているのであり、それを批判する人間は、自分より道徳的レベルが低いという暗黙の主張」があるというのだ。

RANKING

  • 1

    「本当の自分」を見てほしいのに、そうはいかない美…

  • 2

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    パリに開店した3ツ星シェフの「無料レストラン」にボ…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」…

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 3

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 4

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 5

    パリに開店した3ツ星シェフの「無料レストラン」にボ…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」…

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    パリに開店した3ツ星シェフの「無料レストラン」にボ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!