最新記事

ヒラリー・クリントン

「人をイラつかせる何か」を持つヒラリー 22年も嫌われ続けるその理由

2019年01月25日(金)17時30分
ミシェル・ゴールドバーグ(ジャーナリスト)

Aaron P. Bernstein-REUTERS

<女性初の大統領の座にあと一歩まで近づいたヒラリー・クリントンが驚くほど不人気な理由>

ヒラリー、大好きよ。でもお願いだから消えて──。

そんな衝撃的な見出しがロサンゼルス・タイムズ紙に躍ったのは2017年9月のこと。あらゆる予想に反して、米大統領選でドナルド・トランプに敗れてから約1年。一時は同情が集まったものの、自己愛たっぷりの回顧録が刊行されて、再び全米の「ヒラリー嫌い」に火が付いた。

なぜ、ヒラリー・クリントンは嫌われるのか。全米トップ100位に入る優秀な弁護士から、ビル・クリントン大統領の妻としてホワイトハウスへ。全米の好奇の目にさらされながら夫の不倫騒動に耐え、自ら上院議員の座をつかみ、バラク・オバマ大統領の下で国務長官も務めた。女性初のアメリカ大統領という夢は破れたものの、不屈のヒーローとしてたたえられて当然のように思われるのに......。

アメリカ人が漠然と抱いていた「ヒラリー嫌い」が、メディアで初めて詳しく分析されたのは96年、クリントン夫妻がホワイトハウス入りして3年目のことだ。ハーバード大学のヘンリー・ルイス・ゲイツ教授はニューヨーカー誌に、「競馬と同じで、ヒラリーの悪口を言うことは、エリートと浮浪者を結束させる娯楽になった」と書いた。さらにゲイツは、作家サリー・クインの言葉を紹介している。「彼女には、人をイラつかせる何かがある」

0911p26-hillary001.jpg
ILLUSTRATION BY MCT/GETTY IMAGES

あれから22年がたったが、相変わらずアメリカ人はヒラリーのことを嫌っている。ただ、その理由は当時とは正反対になった。

かつて元共和党スピーチライターのペギー・ヌーナンは、ヒラリーの「純朴そうな自信」は「政治的なものであり、しゃくに障る」と評した。そこには「自分は道徳的に正しい政治を実践しているのであり、それを批判する人間は、自分より道徳的レベルが低いという暗黙の主張」があるというのだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

5年間の中期防規模、総額43兆円と首相指示 財源含

ワールド

中国、新型コロナの感染症分類を1月にも引き下げへ=

ビジネス

ユーロ圏小売売上高、10月は前月比-1.8% 予想

ビジネス

英サービスPMI、11月改定は21カ月ぶり低水準 

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 2

    メーガン妃のお気に入りブランド、アンバサダーは別…

  • 3

    英語習得のコツは実はシンプル! 「簡単な本の音読」…

  • 4

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 5

    【モナコ王室】シャルレーヌ公妃が黒い服でローマ教…

  • 1

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 2

    英語習得のコツは実はシンプル! 「簡単な本の音読」…

  • 3

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 4

    メーガン妃のお気に入りブランド、アンバサダーは別…

  • 5

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が…

  • 2

    デップの娘、「親の七光り」と言われる苦悩を語るも…

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    ダイアナ妃の「スカート丈」、人生の浮き沈みに比例…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売