最新記事

教育

いじめは減ったのか? 男女の区別をなくすイギリスの学校の取り組み、その実情とは

2018年09月20日(木)12時00分
冨久岡ナヲ(イギリス在住ジャーナリスト)

スカート廃止という学校も出てきた(写真はイメージです) monkeybusinessimages-iStock

<トイレや制服のジェンダーニュートラル化が進んでいるイギリスの学校。だが疑問や困惑の声も>

イギリスは多民族な国家だ。ダイバーシティーといえば今まで、肌の色や民族、宗教などを指すことが多かったが、この数年に性的少数者(LGBT、LGBT+、LGBTQと称されることが多い)も含むようになってきた。ジェンダーニュートラルなトイレの登場はそんな背景を反映している。

一昨年には、教育監査局OFSTEDの局長が学校のトイレもこうした時代の変化に対応していかなくては、とコメント。政府が教育の現場での性的少数者の差別解消を奨励するようになって以来、あちこちの学校がトイレのジェンダーニュートラル化に踏み出した。

さらに、変革はトイレにとどまらない。制服にも男女の区別をなくそうと、スカートを廃止したり男子生徒もスカートを履いてよいことにするという学校が現れた

イギリスでは私立公立に関わらず、制服のあるなしや服装コードは学校ごとに決めることができる。この2年間の間に全国で小中高合わせて 120校以上がジェンダーニュートラルな制服に移行、そのうち40のセカンダリー校(11歳から18歳まで)はスカートを廃止した。英インディペンデント紙によると、ロンドンの名門女子校では今年から、生徒がズボンを履いたり男性の名前に変更することを認めたそうだ。

このように思い切った取り組みは、性的少数者を含むマイノリティーの立場向上を目指す人々や活動団体から、ダイバーシティー受容を推進する動きとして高い評価を得ている。もはやこの国が1967年まで、ホモセクシュアリティを無期懲役もあり得る重大な犯罪行為としていた事実などすっかり忘れ去られたかのようだ。同性同士の婚姻も法的に認められているし(北アイルランド以外)、都会の学校でなら、クラスにひとりかふたりは両親ともに同性という家庭の子供がいる。

共用トイレ、スカート廃止への子供たちの反応は......

しかし、子供達はどう反応しているのだろうか。女子生徒からの共用トイレへの評判はいまひとつだ。「男子生徒がいる中で用を足すのはイヤ」「生理中だと知られたくない」などの理由で学校のトイレを使うのを避ける女子が増えた。男子のほうも同様で、小便器を使っているところを女子に見られたくないからと同性の友人を見張りに立てる生徒も。

当然、保護者たちからのクレームが届き、全部のトイレを共用することをやめ一部のみにと変えた学校もあると英デイリーメール紙は伝えている。また、自然に1階のトイレは男子、2階のトイレは女子ばかりが使うなど暗黙の慣習ができたところも多い。

それに、恩恵を受けるはずのトランスジェンダー生徒(体と心の性別が一致しない)や、どちらの性別にも固定しないジェンダーフルイド生徒たちは依然としていじめを恐れている。トイレが共用になったのはお前のせいだ、と言われたりするからだ。これは政府や教育機関の「いじめが減る」という目論見とは逆の結果になっている。

ニュース速報

ワールド

離脱協定は95%完了、EUの「安全策」には反対=メ

ワールド

イタリア、ユーロ圏加盟維持にコミット=副首相

ビジネス

正午のドルは112円後半、アジア株高を好感

ワールド

メルケル独首相、ディーゼル車走行禁止回避に向けた法

RANKING

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

  • 3

    暴力、体と性、労働と経済......ドイツの100年を超え…

  • 4

    いじめは減ったのか? 男女の区別をなくすイギリス…

  • 5

    世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

  • 3

    世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

  • 4

    「顔に何かいる...」寄生虫は顔面にも住みつく レジ…

  • 5

    炭酸飲料の取りすぎでアルツハイマーにかかるリスク…

  • 1

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    結婚するまで「生理」の存在さえ知らなかった男たち─…

  • 4

    世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

  • 5

    炭酸飲料の取りすぎでアルツハイマーにかかるリスク…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!