最新記事

英王室

ウィリアム王子のヒーロー、ナチスからユダヤ人家族を守ったプリンセス・アリスの物語

2018年07月05日(木)18時20分
畑ともみ

i24NEWS-YouTubeより

<プリンセス・アリスの名を聞いたことはあるだろうか。第二次世界大戦下でユダヤ人を小さなアパートに匿った勇敢な行動は、その死後に明らかになり...>

2018年6月24日。この日、英王室のケンブリッジ公爵ウィリアム王子は大きな一歩を踏み出した。

英王室メンバーとして初めて中東イスラエルとパレスチナを訪問したウィリアム。緊張状態の続く双方に配慮しバランスを取った形で訪れた。

多忙なスケジュールのなか、滞在最後の朝、ウィリアムはエルサレムのオリーブ山に立ち寄った。目的は、曾祖母アリス・オブ・バッテンバーグの墓参りだ。日本ではあまり知られていないが、アリスは今もなお、ユダヤ人から称賛される功績を持つ。第二次世界大戦中、自らの危険を冒してまで、ある家族をナチスの迫害から救った人物だ。

(アリスが眠るオリーブ山を訪れたウィリアム王子)


エルサレム居留地にあるイスラエルのネタニヤフ首相邸宅で、62歳のエヴィ・コーエンと31歳のフィリップ・コーエンとともに、プライベートな時間を過ごしたウィリアム。彼らは、アリスが助けたレイチェル・コーエンの子孫だ。2人は「私たちが今あるのは、すべてプリンセス・アリスのおかげです」と感謝を述べた。

RANKING

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 3

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 4

    メーガン妃へのヘイトツイート、7割がわずか20のアカ…

  • 5

    「寄付してくれたら結婚します」 白血病の妹を助け…

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    メーガン妃へのヘイトツイート、7割がわずか20のアカ…

  • 3

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 4

    性器を握り、触る......「捕食者」と呼ばれる国連高…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 1

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!