最新記事

アメリカ経済

「財政の崖」の次にアメリカを待つ危機

自動的な歳出削減は2カ月先送りされただけ。債務上限引き上げという難問も待っている

2013年1月16日(水)14時17分
ジョン・アブロン(本誌シニアコラムニスト)

まだハーフタイム オバマ(右)と共和党指導部のぎりぎりの駆け引きはまだ続く Jonathan Ernst-Reuters

「アメリカ人は正しいことをすると期待していい。ただし、正しいこと以外のすべてをやり尽くした後でのことだが」──イギリスのウィンストン・チャーチル元首相はかつてこう言った。

 だがそれにしても、減税失効と自動的な歳出削減が重なる「財政の崖」を土壇場で回避するための米民主・共和両党のドタバタ劇はひど過ぎた。

 歳出削減の合意については518日間の準備期間があったはずだ。ブッシュ前大統領時代に施行された減税措置の失効は12年前から予測できていた。にもかかわらず、上下両院が米経済の「崖転落」を阻止できたのは転落寸前といった状況でのことだった。

 外から見てもめちゃくちゃだったが、関係者によれば議会内部の雰囲気はもっとひどかった。1月1日の日が暮れようとしているなか、共和党のエリック・カンター下院院内総務が、上院で可決された超党派法案に反対を表明。これで下院共和党は大混乱に陥った。カンターら保守派が反対した理由は、歳出削減策が含まれていないというものだった。

 確かに歳出削減は先送りされた。だが現時点で、それは重要な問題ではない。
昨年12月、共和党のジョン・ベイナー下院議長主導の妥協案が保守派の反対により下院で採決できなかった時点で、満足のいく合意形成の期待は消え去った。下院共和党には事態を打開する機会があったが、それも彼らが長いクリスマス休暇を楽しむためにワシントンを留守にし、交渉の責任を上院に押し付けたことで失われた。

 結局、年末年始のドタバタ劇の末に財政の崖に架けられた「橋」は、税に関する妥協案が主な「建材」となった。米国民の98%が対象となる減税を延長し、500万ドル以上の資産を対象とする遺産税(日本の相続税に相当)の税率は40%に引き上げるといったところが主な内容になっている。

本当の闘いはこれから

 国の歳入は増えるが、リベラル派が望んでいた水準には達しない。アメリカ労働総同盟・産業別組合会議は、今回の合意内容に強く反対している。

 にもかかわらず、下院での採決では民主党の賛成票が172に達した。共和党からの賛成票はわずか85と半数で、反対票は151にも上った(民主党の反対票はわずか16)。

 法案は可決されたが、喜ぶのはまだ早い。財政の崖は2カ月先に「移動」しただけだ。

 自動的な歳出削減については期限が3月1日に先送りされたにすぎず、その頃までには債務上限の引き上げも行わなければならない。それまでに大統領と共和党指導部が社会保障制度改革や税制の改革、歳出削減について何らかの合意に達することができるだろうか。

 ぎりぎりで「崖」回避が達成されたばかりでこんなことを言うのはばかげているかもしれないが、本当に厳しい政治闘争はこれからだ。

 懸案となっている社会保障制度改革は、国民の98%への減税措置を維持するかどうかをめぐる議論よりもずっと難しい。まして税制改革となれば、ロビイストなどが総力を挙げて「参戦」してくるため、事態はさらに紛糾するだろう。

 ワシントン政界の今回の醜いドタバタ劇は、連邦議会がアメリカで最も人気のない公共機関であることを私たちに思い起こさせた。最新の世論調査では国民の77%が「ワシントン流の政治が国に深刻な害をもたらしている」と回答している。

 私たちは今後2カ月、それをさらに実感する「証拠」の数々を目にするだろう。

[2013年1月16日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

仏大統領、24年ぶりドイツ国賓訪問 「欧州は重要な

ワールド

バングラとインドにサイクロン上陸、数百万人に停電被

ビジネス

英金融・専門サービス部門、上位所得者の女性比率がコ

ワールド

北朝鮮、衛星打ち上げを日本の海保に通告 6月4日午
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中