最新記事

中間選挙

ティーパーティーのアブナイ外交政策

アメリカ中間選挙の行方を左右する急進保守派の頭の中は、国内と神様のことでいっぱい

2010年11月2日(火)18時59分
モルト・ローゼンブルーム

正気じゃない! ペイリンらをヒトラーになぞらえて抗議するプラカード(10月30日、ワシントン) Jonathan Ernst-Reuters

 ヨーロッパを本拠とする記者の私にとって、アメリカの草の根保守連合ティーパーティーの外交政策を説明するのは簡単なこと。「政策なんてない」だ。アメリカの東海岸から西海岸、さらに中部も何カ所か回った末の結論だ。

 ティーパーティーの世界観とは? 不思議の国のアリスがウサギの穴に落ち、いかれ帽子屋とのお茶会に出て、「首をちょん切れ!」と叫ぶ気まぐれな女王に出会うようなものだ。

 ここテキサス州選出の共和党保守派のロン・ポール下院議員は、米外交専門誌フォーリン・ポリシーで1つの外交方針をぶち上げた。イラクとアフガニスタンでの戦争を終わらせることが、ティーパーティーに繁栄をもたらすというものだ。

 ポールいわく「諸外国との交流は民間レベルに任せ、政府は介入しないという伝統的なアメリカの外交政策に立ち戻る。それが我々の道徳面・財政面での健全さを取り戻す唯一の手段だ」

 これはティーパーティーの基本的信条と一致する。彼らの主張とは、政府は国民の生活に口出しすべきでない、財政支出を減らしてこれ以上増税するなというもの。だが外交政策となると、ティーパーティーの意見は一枚岩ではない。

 ティーパーティーの広告塔、サラ・ペイリン前アラスカ州知事は、ジョージ・W・ブッシュ前米大統領の攻撃的な外交政策を支持し、軍事予算の削減に反対する。彼女は、口うるさい外国人には物事の道理を分からせてやるべきだと主張する。

 ほかのティーパーティー指導者たちといえば、分かりやすい言葉を並べ立てるのに終始している。彼らを支持する一般大衆はどうせ小難しい話は嫌いだからだ。

地球環境破壊も神の思し召し

 ニューヨーク・タイムズは「曖昧なティーパーティーの外交政策」という10月21日付け記事の中で、ティーパーティーの主要グループ「フリーダムワークス」を率いるディック・アーミー元下院議員(共和党)に、ティーパーティーに外交政策はあるのかと尋ねている。アーミーの答えは、「ないだろうな」だった。

 テキサス州では「ティー(お茶)」が、地ビールのローンスターと同じくらい大人気。それを考えたら、「曖昧」などといって済ませている場合ではない。私は今回、テキサス大学でジャーナリズムを教える3人の教授とランチをしたが、外交経験が豊富な彼らにティーパーティーは世界をどう見ているのかと聞くと、3人とも鼻で笑ってみせた。

 選挙前にはアメリカ中がそうなるが、テキサスでも国境より外の問題に考えをめぐらせる人はほとんどいない。考えるとしても、自分の州のちょっと先くらいだ。テキサスのライブハウスで、あるミュージシャンは「ベイカーズフィールド(カリフォルニア州の都市)」という曲を熱唱した後、こうジョークを飛ばした。「テキサス州法に定められているんだ。カリフォルニアの曲を歌ったら、次の2曲はテキサスのものでないといけないってね」。そこで彼が歌ったのは「アビリーン(テキサス州の都市)」だった。

 しかし米国内でも国外でも、アメリカの今後を懸念する人は多い――世界中の様々な問題をよそに、アメリカは自国の問題にしか関心を示さなくなるのではないか。パレスチナやパキスタンの紛争、世界経済の構造変化、さらに温暖化などの環境問題はティーパーティーの優先事項とはかけ離れている。ティーパーティーにとって、こうした問題を否定することは「信念」と言ってもいい。

ニュース速報

ビジネス

英政策金利、0.1%が下限と認識=ラムスデン副総裁

ビジネス

中国指導部、重要会議で次期5カ年計画成長目標下げ承

ワールド

タイ、外国人の出国猶予と非常事態宣言を10月末まで

ワールド

韓国大統領、南北軍事ホットライン再開必要 射殺男性

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 4

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

  • 7

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 8

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月