最新記事

アメリカ政治

笑えない「オバマは偽アメリカ人」騒動

オバマはケニア生まれで大統領になる資格はないと本気で信じる「バーサーズ」運動の中核をなす人々は、アメリカを分断する破壊の伝統を担ってきた危険な存在だ

2009年7月29日(水)17時44分
ハワード・ファインマン(本誌コラムニスト)

生まれ故郷? ガーナ訪問の際に「アフリカ生まれ」と報じられたことで、オバマの出生をめぐる論争に火がついた Luc Gnago-Reuters

 政治の世界では、吠えない犬が最もうるさい。

 7月27日、ホワイトハウスでロバート・ギブス大統領報道官の話を聞きながら、私はそんな言葉を思い出していた。

 バラク・オバマ大統領がハワイ生まれではなく、実際にはケニアで生まれたという疑惑がインターネットでヒステリーとも言うべき騒ぎを巻き起こしている件について、記者がギブスに質問したときのことだ(噂は以前からあったが、7月中旬にオバマがガーナを訪問した際、ガーナの報道機関が「生まれ故郷の大陸」に戻ったと報じたことで疑惑に火がついた。アメリカ生まれでなければ、大統領になる資格はない)。

 ギブスは常に穏やかな物腰を崩さない人物だが、それを差し引いても極めてリラックスした様子だった。怒りというより悲しみに暮れた表情で、彼は大統領の出生に関わる疑惑が取りざたされる事態を嘆いてみせた。そして、なんと疑惑について語りだした。

 大統領に代わって怒りを露わにするのは報道官が最初に覚えるべき仕事だが、ギブスは冷静さを失わず、この問題に関心がないようにさえ見えた。「ホワイトハウスの記者会見場のような恐れ多い場所で、大統領がアメリカ生まれでないなどというナンセンスな作り話を論じるなんて、あまり気が進まない」と、ギブスは言った。

保守衰退で底辺の危険思想が露わに

 キーワードは、「あまり気が進まない」の「あまり」というところ。

 実際には、ホワイトハウスの賢者たちは、このスキャンダルを政治的に利用できると考えているようだ。合法的な保守主義やそれを支える共和党が弱体化している今、何にでも反対する原理主義者や偏執狂の人々に注目が集まることが政治的利益になる、と踏んでいるのだ。

 川の水位が下がると、川底の岩が水面に現れる。同じように、共和党の力が衰えているから、根拠のない噂に飛びつく底辺のおかしな連中の存在が目立つ。

 ホワイトハウスもそれをわかっている。だから、根も葉もないオバマの出生疑惑が話題になって、夏休みに地元に帰る共和党議員を振り回しても構わないと思っている。

 オバマの側近は、共和党のジム・インホフ上院議員(オクラホマ州選出)の発言を喜々としてあげつらった。インホフは、出生疑惑を信じる「バーサーズ」と名乗る集団の考えは「的を射ている。彼らの活動を阻止しようとは思わない」と語った。あるホワイトハウス関係者は、インホフが地球温暖化を「グローバルないかさま」と呼んだことも、嬉しそうに指摘した。

 その狙いはこうだ。インホフが共和党員の典型だと国民に信じさせることができれば、オバマは共和党が猛烈に反対する医療保険制度改革こそ、真の「改革」として売り込めるかもしれない。

 オバマの出生に関しては事務的な不備があったせいで、懐疑派が疑念をもつ余地がある。オバマはハワイ州が2007年に発行した出生証明書を所持している(複数の目撃者もいる)が、原本は01年の記録の電子化の際にでも失われたか、入手不可能になってしまった。

 だが、どんな理由があるにせよ、法的には問題にならない。既存の出生証明書は有効であり、ハワイ州当局の複数の関係者もそれを保証している。

ニュース速報

ワールド

米民主党、トランプ大統領の罷免求める 「国家安全保

ワールド

イラン、自国での飛行記録解析目指す、外国に渡す決定

ワールド

北朝鮮が外相交代か、外交路線に影響も 一部メディア

ビジネス

世銀、2020年のタイの経済成長予想を2.7%に下

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身男性、生活費8000円の田舎暮らしのススメ

  • 4

    元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    米中貿易戦争の敗者は日本、韓国、台湾である

  • 10

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機撃墜に憤る国民

  • 4

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 9

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月