最新記事

AI

グーグルが敗北? ビッグテックが開いた「パンドラの箱」

BIG TECH IN TROUBLE

2023年6月15日(木)21時20分
ブルース・シュナイアー、ジム・ワルド
ソース

PHOTO ILLUSTRATION BY SLATE. PHOTOS BY GETTY IMAGES PLUSーSLATE

<「チャットGPT」以来、注目を集める大規模言語モデル(LLM)。そんな中、メタがLLMのソースコードを公開。オープンソース化がAIにもたらす民主化、進歩、そして大混乱とは?>

2022年11月に対話型AI(人工知能)の「チャットGPT」が発表されて以来、その基礎を成す大規模言語モデル(LLM)に大きな注目が集まっている。

LLMとは簡単に言うと、膨大なテキストデータを学習して質問に対する答えを生成するよう訓練されたAIアルゴリズムのこと。チャットGPTの場合、「GPT」というLLMが基礎になっている。

さっそくマイクロソフトやグーグルがGPTを利用した検索アプリを発表するなど、がぜんGPTに注目が集まっているが、実はフェイスブックの運営会社メタも今年2月、独自のLLMである「LLaMA」(ラマ)を発表している。

ここで注目すべきは、メタがそのソースコードも公開したことだ。

すぐにLLaMAのオープンソース・コミュニティー(プログラムの情報交換や改良を図る開発者や愛好者のグループ)が組織され、あれこれコードをいじり始めた。

その結果、LLaMAはコンパクトになり、ノートパソコンでも実行できるようになり、処理スピードも向上した。

チャットGPTなどと比べると、この件はあまり大きな話題になっていないが、テクノロジー業界に与える影響という点では、はるかに大きな意味を持つ。

この開発プロセスは、大手テクノロジー企業(いわゆるビッグテック)のパワーを奪い、より多くのイノベーションをもたらす一方で、規制当局には難しい課題を突き付けるだろう。

LLMの開発を支配してきたビッグテックは、この「飛び入り参加歓迎」的な開発プロセスが危険な結果につながると警告する。

これに対しオープンソース・コミュニティーの参加者は、強力なテクノロジーが一握りの企業に支配されているよりもいいと反論する。

オープンAIやグーグルが構築したLLMは、数百億バイトにもなる膨大なデータを読み込み、数万個の強力な専用プロセッサで処理し、数十億のパラメータを持つ。

そんなモデルを構築するには、グーグルやマイクロソフトやメタのレベルの資金力と処理能力が必要だ。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ICC、ネタニヤフ氏とハマス幹部の逮捕状請求 米な

ビジネス

FRB副議長、インフレ低下持続か「判断は尚早」 慎

ワールド

英裁判所、アサンジ被告の不服申し立て認める 米への

ワールド

ウクライナ、北東部国境の町の6割を死守 激しい市街
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 2

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 7

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 8

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 9

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 10

    「親ロシア派」フィツォ首相の銃撃犯は「親ロシア派…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた異常」...「極めて重要な発見」とは?

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 6

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 10

    プーチン5期目はデフォルト前夜?......ロシアの歴史…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中