最新記事

台湾半導体

半導体のモンスター企業TSMC、なぜ台湾で生まれ、世界一になれたか

THE FOUNDING FATHER

2022年11月29日(火)16時55分
長岡義博(本誌編集長)

瞬間湯沸かし器とも言われる91歳のチャンはTSMCの経営に発言を続けている ANN WANG-REUTERS

<世界シェアは53.4%。現在、米中対立の中でその存亡に黄信号が灯っている。世界が重要視するTSMCを生んだのは「台湾半導体の父」と呼ばれる1人の男だった>

台湾積体電路製造(TSMC)は、世界の半導体製造シェアの53.4%を占める。このモンスター企業はなぜ台湾で生まれ、どうやって世界的企業に成長したのか。

TSMCの創始者は「台湾半導体の父」と呼ばれる張忠謀(モリス・チャン)だ。

1931年に中国浙江省寧波市で生まれ、国共内戦中の1948年、国民党支持者の父親ら家族と共に香港に脱出。その翌年にアメリカに渡り、ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学で学んだ。

米半導体企業テキサス・インスツルメンツの半導体部門の幹部に昇進したチャンが台湾に移ったのは1985年。半導体産業を育成する工業技術研究院のトップとして招かれ、1987年にTSMCを設立した。

TSMCが世界的な企業に育ったのには2つの背景がある。

1つは政府による後押しだ。70年代の国連脱退とオイルショックでダメージを受けた台湾経済を復活させるため、国民党政府は半導体を基幹産業とする方針を固める。

外国で働く優秀な技術者の受け皿として、1973年に工業技術研究院を設立。工業技術研究院は聯華電子(UMC)など台湾の半導体企業を生む母体となり、チャンもこの国策の一環で台湾に移ってTSMCを創業した。

2つ目は台湾で半導体産業が育ち始めたタイミングで、水平型分業がこの業界に広がったこと。

半導体製造には高度な技術とさまざまな設備、それを維持するための膨大な資金が必要で、時に企業経営を圧迫する。自社の核心技術に資本を集中するため、80年代後半に設計を専門とするファブレス企業と製造専門のファウンドリ企業が生まれた。

半導体企業としては後発だったTSMCは、チャンの判断でファウンドリ企業となることを選択。経営資源を製造に集中したことが結果的に功を奏した。

「下請け」のTSMCが世界から重要視されるのは、その技術力ゆえだ。

半導体は電子回路線の幅が細ければ細いほど性能が向上するが、世界が目指す回路線幅2ナノ(ナノは1メートルの10億分の1)の開発でもTSMCは先行。唯一無二の技術力ゆえ、元請けと下請けの逆転現象が起きている。

中国、アメリカ、台湾を渡り歩く人生を歩んだチャン。彼のつくったTSMCが米中そして台湾経済のキープレーヤーになったのは、歴史の偶然か必然か。

20230207issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2023年2月7日号(1月31日発売)は「日本のヤバい未来2050」特集。『未来の年表』河合雅司:人口減少の業界大予測/ケン・リュウ(SF作家):書き下ろし未来小説/ドミニク・チェン(情報学者):「老人支配」打破の処方箋

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

前場の日経平均は続伸 緩和修正思惑が後退、輸出株な

ワールド

そのような事実ない=雨宮氏に日銀総裁打診報道で磯崎

ワールド

お知らせ=重複記事を削除します

ビジネス

米テスラ、1月の独販売台数が前年比10倍増 全体の

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 2

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人のアピール下手の話

  • 3

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた牧師は彼女をどうしたか

  • 4

    「最も売れた女性カントリー歌手」が、初のヌードに…

  • 5

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 6

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 7

    トップレスの女性が教会に現れ、大暴れ...キリスト像…

  • 8

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て…

  • 9

    写真家にも愛された、ダイアナ妃のドレスがオークシ…

  • 10

    「すごくダサい」「神」 極小ビキニで雑誌の表紙を飾…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 6

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 9

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月