最新記事

スペースビジネス

NASA有人飛行再開の鍵握る世界初の民間宇宙船 ボーイング・スペースXが熾烈な競争

2019年9月2日(月)11時37分

初めての宇宙飛行となるマン氏

米海軍の元戦闘機パイロットのマン氏(42)は、父母や祖父母の世代と違い、アポロ計画を見ずに育った若者が、米国発の新たな宇宙飛行によって活気づくことを楽しみにしていると語った。

「アメリカ人にとってはとても大きなイベントになる。米国の国土から打ち上げられるのを若い世代が目にし、これにより雇用と産業が米国に戻ることは重要だ。われわれの宇宙飛行の未来は明るい」

宇宙旅行の基礎を築くとフィンク氏

スターライナーの任務は、人や物資を宇宙ステーションへ運んだり、観光客を宇宙に連れて行く商業飛行の基礎を築くことにあると、宇宙を3度経験したNASAのベテラン宇宙飛行士、フィンク氏は語った。

「宇宙に行ったことがある人間は500人ほどしかいない。次の10年で、それが5000人に増えることを願っている。次の20年なら5万人か、それ以上だ」と、元空軍大佐で、宇宙ステーションに6カ月滞在したことがあるフィンク氏は話した。

米国旗を持ち帰る

ファーガソン氏は最後のスペースシャトル飛行を率いた8年前、ISSに米国旗を残してきた。次にISSへ行く米国人宇宙飛行士に地球へ持ち帰ってもらうためだったが、初の米商業宇宙船で自ら回収に行くのも悪くないと今は考えている。

もしスペースXの宇宙船が先に到達したらどうするのか。

「それも非常に嬉しく思うだろう。誰が持ち帰るかではなく、持ち帰られるということが重要だ。(スペースXの宇宙船に乗り込む予定のNASA宇宙飛行士)ダグ・ハーレーのためにも嬉しく思う」と、ファーガソン氏は話した。

Collin Eaton

[ヒューストン ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



20190910issue_cover200.jpg
※9月10日号(9月3日発売)は、「プーチン2020」特集。領土問題で日本をあしらうプーチン。来年に迫った米大統領選にも「アジトプロップ」作戦を仕掛けようとしている。「プーチン永久政権」の次なる標的と世界戦略は? プーチンvs.アメリカの最前線を追う。



ニュース速報

ワールド

東京で新たに143人感染、累計1000人超す=報道

ワールド

OPECプラス会合、9日に延期 ロシアとサウジが対

ワールド

新型コロナ、仏英で死者が過去最多 伊・スペインは拡

ワールド

8割以上が緊急事態宣言を支持=孫氏ツイッター調査

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 10

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    ついに日本は終わった

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月