最新記事

「人工肉」最大手のビヨンド・ミート、人気急上昇中だが危惧する声も

NEXT BITCOIN SENSATION?

2019年8月8日(木)11時55分
ケビン・ビリングズ

肉を使わずに「肉を超えた」 SHANNON STAPLETON-REUTERS

<植物由来の代替肉メーカーとして唯一の上場企業であるビヨンド・ミート社だが......>

植物由来の「代替肉」を製造販売する米ビヨンド・ミート社の株価は、5月の新規株式公開(IPO)から上昇を続けてきた。しかし市場には、過大評価でバブルが弾けたビットコインの二の舞いにならないかと危惧する声がある。

ビヨンド・ミートの4~6月期の売上高は、前年同期の3倍近い6730万ドル。急成長する代替肉市場の最大手に位置する。この市場では、植物肉を使う商品を提供するインポッシブル・フーズ社も人気上昇中だ。

ビヨンド・ミートは2009年にロサンゼルスで創業。IPOの売り出し価格は25ドルで、7月26日に約239ドルの最高値を付けた。ダンキン・ブランズ・グループとの提携も好感されている。

植物由来の代替肉メーカーとしては唯一の上場企業だ。インポッシブル・フーズは上場する兆しがない。だが、代替肉人気に便乗しようという大手タイソン・フーズなどとの競争にさらされる日は近い。

ただ、IPOから間もないのに経営陣などの保有株売り出しを発表したことで、株価は7月末に急落。また勢いを取り戻せるか、まだまだ目が離せない。

<2019年8月13&20日号掲載>

【参考記事】「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい
【参考記事】精肉vs人工肉 スーパーで密かに進む売り場の陣取り合戦

2019081320issue_cover200.jpg
※8月13&20日号(8月6日発売)は、「パックンのお笑い国際情勢入門」特集。お笑い芸人の政治的発言が問題視される日本。なぜダメなのか、不健全じゃないのか。ハーバード大卒のお笑い芸人、パックンがお笑い文化をマジメに研究! 日本人が知らなかった政治の見方をお届けします。目からウロコ、鼻からミルクの「危険人物図鑑」や、在日外国人4人による「世界のお笑い研究」座談会も。どうぞお楽しみください。

ニュース速報

ワールド

ウイグル人権侵害巡る米国の制裁、中国は対抗措置取る

ワールド

中国長江流域の豪雨で氾濫警報、三峡ダムは警戒水位超

ワールド

新型コロナ、東京で新たに243人の感染確認 過去最

ビジネス

中国自動車販売、6月は前年比+11.6% 3カ月連

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府の「断種」ジェノサイド

  • 3

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 8

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 9

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 10

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月