最新記事

サイエンス

地球温暖化の解明なるか 南極の「棚氷」分析に挑む科学者たち

2019年2月26日(火)17時32分

氷の壁

棚氷は、南極の氷が海に拡散するのを防ぐ壁の役割を果たしている。氷山の分離は数世紀単位で起きているが、近年では分離の頻度が上昇している。

1月に発表された研究によると、南極から分離した氷の量は、2009─2017年は年間2520億トンで、1979─1990年の同400億トンから増加している。

「過去にも巨大な氷山が分離したことはある。だが、そうした分離が段階的に起きたものか、それとも現在われわれが観測している分離のように瞬間的に起きたのかは分かっていない」と、マクドネル氏は説明した。

チリの観測基地がある南極半島は、氷の溶解の影響を最も受ける地域の1つとして注目されている。科学者らは、海に露出している部分が大きいためとみている。

「温暖化とこうした氷山の崩壊(の相関)プロセスを示す、長期的な傾向がある」と、マクドネル氏の研究チームに参加するチリの氷河学者フランシスコ・フェルナンドイ氏は言う。

オランダやその他数カ国の島国などが、研究結果を待ち望んでいる。グリーンランドや南極を覆う氷が全て解ければ、海面が10メートル上昇し、これらの国が水没すると、INACHのデータが示している。

氷を読む

マクドネル氏とそのチームは、航空機や船、ヘリコプターやスキーを使い、モラー棚氷への長い旅に出発した。モラー棚氷自体も、昨年末に長さ1.6キロの氷山を失っている。

南極は夏だが、チームはブリザードや零下の気温を乗り越え、間もなく訪れる冬の前に2週間かけてさまざまなサンプルを採取する。

レーダーを使って氷山の大きさを計測するほか、氷床コアの採取も行う。これを使えば、過去の大気の状況などを推定することができる。

氷床コアは、チリ中部にある専門の研究機関に運ばれ、マイナス20度に保たれた研究室で分析される。

チームに参加する科学者は、将来的な氷の溶解モデルを作り上げ、それが気候変動に対応するための各国の合意の土台となることを願っている。

「われわれには政治的な決断はできないが、シナリオを予測することはできる。もし気温が上昇、または現状維持や下落した場合、それぞれのケースでどういうことが起きるかを推測できる」と、前出のフェルナンドイ氏は話す。

「それがわれわれができる貢献だ。決断そのものは、別の次元の話だ」

(翻訳:山口香子、編集:伊藤典子)

Fabian Cambero

[キングジョージ島(南極) 15日]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

香港ドルの米ドルペッグ制、廃止の計画ない=財政官

ビジネス

サウジ、政府系ファンドに外貨準備400億ドル注入 

ビジネス

米デルタ航空、パイロット約2300人の一時帰休回避

ワールド

スペイン首相が自動車部門支援表明、日産の工場閉鎖決

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題だったのか

  • 4

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 5

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 6

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 9

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月