最新記事

日本人が知らない 自動運転の現在地

本当のMaaSは先進国のフィンランドでもまだ実現できていない

THE RISE OF THE BACK-SEAT DRIVER

2019年2月13日(水)06時50分
デービッド・ジッパー(ベンチャーファンド「1776」マネジング・ディレクター)

ハードウエアの技術開発とソフトウエアの革新が移動の概念を変える COURTESY OF VOLVO

<交通機関の垣根を飛び越えてシームレスな移動を目指すMaaSが、世界的に注目されている。50都市に進出する計画で、自律走行車の普及にも役立ちそうだが、先駆者であるWhimにもまだ課題がある>

※2019年2月19日号(2月13日発売)は「日本人が知らない 自動運転の現在地」特集。シンガポール、ボストン、アトランタ......。世界に先駆けて「自律走行都市」化へと舵を切る各都市の挑戦をレポート。自家用車と駐車場を消滅させ、暮らしと経済を根本から変える技術の完成が迫っている。MaaSの現状、「全米1位」フォードの転身、アメリカの自動車ブランド・ランキングも。

◇ ◇ ◇

自律走行車(AV)が市場に出ても、すぐには気軽に買えそうにない。最初は1台25万ドルとも言われている。価格がある程度下がっても、一家に1台とはなかなかいかないだろう。配車サービスのウーバーやリフトで車を呼ぶように、必要なときにAVを借りるところから始まりそうだ。

移動手段としては、電車やバス、自転車、さらには徒歩など、もっと安いものや空間効率の高いものがたくさんある。むしろ、さまざまな手段や事業者を統合して、検索から予約、支払いも一度に済ませることができれば便利ではないか。それがMaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス=サービスとしての移動)の概念だ。

MaaS先進国のフィンランドでは、MaaSグローバル社のアプリ「Whim(ウィム)」が2017年11月から首都ヘルシンキでサービスを提供している。Whimには公共交通機関のほか、タクシー、自転車や自動車のシェアリングサービスなどさまざまな企業が参加。アプリで行き先を検索して経路を選んだら、複数の移動手段の予約や支払いをまとめて済ませることができる。月額49ユーロまたは499ユーロの乗り放題プランもある。

タクシーが来ないから電車に変えるなど、移動中に問題が生じたらWhimのカスタマーセンターが対応する。MaaSグローバルによると、2018年10月までに約180万件の利用があった。

MaaSが世界的に注目されるようになり、Whimはベルギーのアントワープと英バーミンガムでもサービスを開始。シンガポールでも近く本格的に稼働し、2020年までに50都市に進出する計画だ。

アメリカではウーバーやリフトがいち早くMaaSに賛同し、定額プランや、自転車など車以外のシェアリングサービスを展開している。リフトの定額プランは月299ドルで30回まで利用できる。将来的には、同社が提供している自転車や乗り捨て可能の電動スクーターのシェアリングサービスも利用できるようになるだろう。

MaaSのユーザー基盤は、AVを普及させる格好の手段になる。定額プランに追加料金を払ってAVのシェアリングを利用できるようにするなど、AVを都市の交通網に組み込みやすいだろう。

MaaSの利便性が高まれば、自家用車の代わりに配車サービスやカーシェアリングを利用する人が増えて、駐車場として使われている都市部の貴重な空間を有効活用できる。

【関連記事】自動運転で都市はこんなに変わる 駐車場は48%削減──ボストンの挑戦

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメディアの罪

  • 3

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文化破壊

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 7

    インドネシア大統領選、敗北認めぬ候補支持者が大規模…

  • 8

    ボストン・ダイナミクスの四足歩行ロボット、10台で…

  • 9

    米朝対話で狭まる北朝鮮の選択肢

  • 10

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 10

    墜落したF35、1機分のお金で何ができたか―「欠陥商品…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月