最新記事
セレブ

スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪華ドレスと「不釣り合い」な足元が話題に

2024年6月21日(金)16時20分
千歳香奈子
ブルック・シールズ

ブルック・シールズ(5月20日、ニューヨーク) lev radin-Shutterstock

<トニー賞授賞式にクロックスのサンダルで登場したブルック・シールズに対して驚きの声が多く上がったが、本人は「健康上の選択でもあった」と説明>

幼い頃からモデルとして活躍し、子役時代には「絶世の美少女」として一世を風靡したブルック・シールズ。非の打ちどころがない美女から年齢を重ねて59歳となったブルックが、6月16日に米ニューヨークで開催された演劇界最高の栄誉とされるトニー賞授賞式にクロックスのサンダルを履いて登場し、話題を呼んでいる。

【写真】スカートをたくし上げてノリノリでクロックスを披露するブルック

プレゼンターを務めたブルックは、モニーク・ルイリエの鮮やかなイエローのドレスを纏ってレッドカーペットに登場。しかし、足元はなぜかカジュアルフットウェアブランド「クロックス」のサンダルだった。しかも、カメラマンの前でわざわざロングスカートをたくし上げ、笑顔でドレスとマッチするイエローカラーのクロックスを披露し、堂々とポージングまで行った。

華やかな授賞式で足元を飾ったのはベストセラーの「クラシック」で、アマゾンで20ドル台で買えるものだとメディアは伝えており、胸元が開いたゴージャスなドレスとは不釣り合いな選択にネットでは「なぜ?」「理解できない」と驚きと困惑の声が上がっている。

ハイヒールを履けなかった理由を説明

クロックスを履いた理由について、ブルックは「ファッションとしてだけでなく、健康上の選択でもあった」と明かしている。

授賞式の2日前に210万人のインスタグラムのフォロワーに向けて「両方の足の指の手術を受けた」と綴って術後の足の写真をシェアしていたブルックは、レッドカーペット上のインタビューで「3日前に両足の手術を受けて、縫った傷がたくさんある」と、ハイヒールが履けなかった理由を説明。「幸運にも履ける靴を見つけた」「気分は最高」と話した。

欠席せずにクロックスを履いて出演したブルックに、「素敵だと思わない?」「ドレスの色と完璧にマッチ」「快適さは重要」と称賛の声も多く寄せられている。

還暦間近のブルックがレッドカーペットで履いたことで、「クロックスの新時代???!!!」との声もあるが、ハリウッドセレブの間で近年クロックス人気が高まっている。ベラ・ハディッドやケンダル・ジェンナーらトップモデルから女優マーゴット・ロビーや歌手ジャスティン・ビーバーまで多くのセレブが着用する姿がキャッチされている。

授賞式後にファンからの質問に答える形で6度目の手術だったことを明かしたブルックは、「ハイヒールはしばらくおあずけ」と話す動画を投稿しているが、ブルック効果でイエローのクロックスが売り切れ続出だとのコメントも寄せられている。

[筆者]
千歳香奈子
北海道・札幌市出身。1992年に渡米し、カリフォルニア州サンタモニカ大学で写真を学ぶ。96年アトランタ五輪の取材アシスタントとして日刊スポーツ新聞社アトランタ支局に勤務。ロサンゼルス支局、東京本社勤務を経て99年よりロサンゼルスを拠点にハリウッドスターら著名人へのインタビューや映画、エンターテイメント情報等を取材、執筆している。日刊スポーツ新聞のサイトにてハリウッド情報や西海岸のトレンドを発信するコラムも寄稿中。著書に『ハリウッド・セレブ』(学研新書)。

20240730issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年7月30日号(7月23日発売)は「トランプ暗殺未遂」特集。前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国の大手国有銀行、預金金利引き下げ 利下げ受け

ビジネス

米ボーイング司法取引に最終合意、墜落事故で2.4億

ビジネス

ホンダ、中国苦戦で四輪生産能力削減へ ガソリン車中

ビジネス

中国人民銀、予想外のMLF資金供給 金利引き下げ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中