最新記事
ドラマ

偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『アコライト』を失速させてしまった「伝説」の呪縛

The Force Is Not With It

2024年6月20日(木)18時48分
サム・アダムズ(スレート誌映画担当)
ドラマ「スター・ウォーズ:アコライト」

オーシャとメイの2役を演じるステンバーグ ©2024 LUCASFILM LTD. & TM. ALL RIGHTS RESERVED.

<スター・ウォーズ帝国の宿命とディズニーの経営戦略に、最新のスピンオフ作品『アコライト』もからめ捕られてしまった>

米フロリダ州のディズニーワールドにあった「スター・ウォーズ」のテーマホテルをご記憶だろうか。2022年の春にオープンしたが、わずか18カ月で実に2億5000万ドルの赤字を出してつぶれてしまった。

なぜか。その答えを人気ユーチューバーのジェニー・ニコルソンが4時間6分の長尺動画で解説している(再生回数は約800万回)。2泊3日でスター・ウォーズの世界に「没入」できるという触れ込みのホテルに、ジェニーは1泊1600ドル以上も払って泊まってみた。そして今のディズニーは「ブランド品の価格はどんどん上げ、提供する価値はどんどん減らす」傾向にあるが、このホテルはその典型だという結論に達した。

6月5日からディズニープラスで配信が始まったドラマ『スター・ウォーズ:アコライト』にも、残念ながら同じ傾向が見られる。

レスリー・ヘッドランドが脚本・制作総指揮を務める全8話のシリーズ。最初のうちこそ壮大な物語を予感させるが、中盤に差しかかる頃(批評用に筆者らが見せてもらったのは第4話まで)には力尽きてしまう。本気でやりすぎると、既にブランド化している「スター・ウォーズ」の世界を壊すことになりかねないからだ。

『アコライト』は帝国誕生100年前の世界を舞台に、かつてジェダイの戦士になるべく修行を積んでいたが現在は宇宙船の整備士として働いている女性オーシャ(アマンドラ・ステンバーグ)を主人公に据えている。

最初のシーンで、オーシャは淡々と雑用をこなし、仕事仲間と気楽なおしゃべりを楽しんでいる。だが私たちは、そこで「えっ?」と思ってしまう。タイトルが出る前に流れた衝撃の映像で、彼女は1人のジェダイ・マスター(キャリー・アン・モス)と死闘を繰り広げていたからだ。

帝国成立100年前のジェダイは悪者だったのか

ジェダイ・マスターの殺害を受け、ヨード(チャーリー・バーネット)を含むジェダイの面々が犯人捜しに来て、目撃証言からオーシャを尋問するのだが、どう見ても彼女が容疑者とは思えない。では真犯人は誰なのか?

冒頭に現れた驚異の女殺し屋はオーシャではなく、別の誰かの幻影だったのか。私たちは妖術にかかって、殺し屋の正体を見誤ったのか?

実を言うと、この謎の答えは単純明快で、殺し屋の女とオーシャはうり二つの双子だった。だが、それはそれで「スター・ウォーズ」のシリーズが実は低予算の冒険ものとして始まったという事実に脚本家のヘッドランドが忠実だったことの証しとも言える。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ホンダ、中国苦戦で四輪生産能力削減へ ガソリン車中

ビジネス

中国人民銀、予想外のMLF資金供給 金利引き下げ

ワールド

情報BOX:米大統領選、ハリス氏対トランプ氏で中絶

ワールド

バイデン氏、民主主義擁護へ「新しい世代にバトン」 
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 9
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 10
    バイデン撤退で始動した「ハリス大統領」へのカウン…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中