最新記事
アニメ

「次世代に伝える価値がある」新作アニメ『X-MEN '97』の売りはノスタルジーだけじゃない

More Than a Nostalgia Trip

2024年4月22日(月)17時53分
サム・シールマン
サイクロップスとX-MENのメンバーたち

カムバック 新シリーズでもX-MENはほかの超人ヒーローとひと味違う DISNEY+─SLATE

<ほかの超人ヒーローと何が違う? 1997年に終わった大人気シリーズが21世紀仕様にパワーアップして帰ってきた>

新作アニメの『X-MEN '97』は、誰のためのものなのか? その答えは、第1話が始まってすぐに分かる。

若い超能力ミュータントのロベルト・ダ・コスタを捕らえようとするギャングに勝利したX-MENたち。家に帰るとレミー・ルボー(コードネームはガンビット)が、おへその見えそうなピンクのチビTシャツを着て、キッチンで陽気にお菓子を揚げている。

3月からディズニープラスで独占配信されているこのアニメは、そのスタイルや一部の声優、主題歌までが、1992年から始まったオリジナル版と重なる。マーベル・コミックスがシリーズを刷新するのでは、と気をもんでいた人がいたなら心配は無用だ。

この作品は、タイトルにある記念すべき年へのノスタルジーあふれる旅だ。97年はFOXキッズの『X-MEN』シリーズが終わった年で、新しいシリーズはそれと全く同じ場所から始まる。

X-MENはほかの超人ヒーローとは違う。超愛国的でもないし、犯罪と闘う際に全く手段を選ばないということもない。この作品のキャラクターは冗談を言い合ったり、片思いしたり、いがみ合ったり、仲直りしたり、結婚したり、時には死んだりする。

63年に始まった『アンキャニィX-MEN』は、マーベルのクリエーターであるジャック・カービーの代表作の中で最も地味だろう。94話からは、ライターのクリス・クレアモントが引き継いだ。

クレアモントはアーティストのデーブ・コックラムと共に、それまでスーパーヒーローたちの学校の物語だったものを、はるかに面白い作品に作り直した。彼は登場人物をライバル同士に仕立てたり、片思いさせたりもした。92年のオリジナル版は、クレアモントの初期の膨大な物語をテレビ向けに脚色したものだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

鈴木財務相「財政圧迫する可能性」、市場動向注視と日

ワールド

UCLAの親パレスチナ派襲撃事件で初の逮捕者、18

ワールド

パプアニューギニアで大規模な地すべり、300人以上

ワールド

米、ウクライナに2.75億ドル追加軍事支援 「ハイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 2

    批判浴びる「女子バスケ界の新星」を激励...ケイトリン・クラークを自身と重ねるレブロン「自分もその道を歩いた」

  • 3

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイジェリアの少年」...経験した偏見と苦難、そして現在の夢

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    なぜ? 大胆なマタニティルックを次々披露するヘイリ…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    これ以上の「動員」は無理か...プーチン大統領、「現…

  • 8

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 9

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 10

    台湾の電車内で、男が「ナイフを振り回す」衝撃映像.…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 7

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中