最新記事
セレブ

カニエ・ウェスト、誕生日パーティーに「女体盛り」で批判殺到 会場にいた9歳娘の反応も話題に

2023年6月15日(木)12時25分
千歳香奈子
カニエ・ウェスト

第92回アカデミー賞パーティーでのカニエ・ウェスト(2020年2月、ロサンゼルス) Danny Moloshok-REUTERS

<ビキニ姿で横たわる女性の身体の上には寿司が...。元マネージャーがインスタグラムに投稿した動画がネットで拡散され、「女性蔑視」と炎上している>

【動画】会場に並ぶ「女体盛り」と、それを見て気持ち悪そうな表情をする娘ノース

お騒がせラッパーのイェことカニエ・ウェストが、6月10日に迎えた46歳の誕生日を「女体盛り」で祝ったことが分かり、物議を醸している。ビキニの上下を身に着けてテーブルの上に横たわる複数の女性の身体の上に寿司が盛りつけられた写真と動画がネットで拡散され、「女性蔑視」と炎上している。

会場には9歳の娘も

差別的発言でSNSのアカウントを凍結されているウェスト自身はパーティーの様子を投稿していないが、参加していたカニエの元マネージャーのジョン・モノポリーが会場で撮影した動画をインスタグラムに投稿。

キャンドルが並べられた薄暗い空間に音楽が鳴り響くクラブのような雰囲気の中で、参加者が寿司を身体の上に載せた状態で横たわる女性を取り囲む様子が映っており、「日本の慣習である"女体盛り"をしていた」などとメディアもセンセーショナルに報じている。

しかもパーティーには、元妻キム・カーダシアンとの間の9歳の娘ノース(編集部注:15日に誕生日を迎えて10歳に)も参加しており、子供もいる場で性的な演出をしたと批判も殺到している。当のノースは、女体盛りを前に舌を出して気持ち悪そうな表情を見せ、寿司を一貫つまんでカニエの再婚相手と噂されるビアンカ・センソリに渡そうとして拒まれる場面が動画にとらえられており、「子供になぜこのような体験をさせるのか」と親としての責任を問う声も出ている。

「日本の伝統」と勘違いする外国人

裸体や水着を着用した女性の身体に寿司や刺身を盛り付ける宴席の饗宴「女体盛り」は、海外では「Body Sushi」の名で知られ、ショーン・コネリー主演の『ライジング・サン』(1993年)などハリウッド映画にステレオタイプの日本描写として登場しており、「日本の伝統」だと勘違いする外国人も多い。

90年代に一世を風靡したドラマの映画版『セックス・アンド・ザ・シティ』(2008年)にもキム・キャトラル演じるサマンサが恋人を喜ばせようと自ら女体盛りするシーンが登場しており、「サマンサはどこ?」「最初にしたのはサマンサだよね」と書き込むユーザーもおり、サマンサネタでも盛り上がっている。

一方で、生魚を扱っていることから「気持ち悪い」「おぞましい」と衛生面を心配する声がある他、「刑務所に入れてほしい」「病的」「彼は終わった」「日に日におかしくなっている」とアンチコメントも多く寄せられている。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

24年の中国成長率見通し下方修正 ゴールドマンなど

ワールド

「ようやく実感」、トランプ氏が銃撃振り返る 団結の

ワールド

焦点:鳥インフルの牛への感染広がる米ミシガン州、農

ワールド

北朝鮮の金氏、都市開発計画巡り高官ら処分 「無責任
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然大きく揺れる機体を立て直す操縦士の映像が話題
  • 4
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 5
    タンポンに有害物質が含まれている...鉛やヒ素を研究…
  • 6
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 7
    トランプ氏「右耳上部を貫通」と投稿、演説中に銃撃.…
  • 8
    女優スキ・ウォーターハウス、出産後4カ月の紐ビキニ…
  • 9
    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 5
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 6
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 7
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 8
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 9
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 10
    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中