最新記事

SNS

ファンに「あなた誰?」と言わしめるマドンナの奇行の数々 トップレス自撮り、鬼の形相でラップ、下着で尻振り...

2022年11月11日(金)09時30分
千歳香奈子
すっぴんのマドンナ

突如TikTokに投稿された完全なすっぴん姿に、ボトックス注入を指摘するファンも @madonna /TikTok

<SNSでの暴走が止まらず、変わり果てた姿に「別人」「怖すぎる」「私たちの知っているマドンナじゃない」とファンは困惑。メンタルヘルスを心配する声も>

音楽界で頂点に立ち、常に時代をリードし続けてきたマドンナ(64)も、2018年に還暦を迎えている。80年代からトップを走り続け、今年デビュー40周年を迎えたマドンナは、60歳を過ぎても衰え知らずのセックスシンボルとして魅力を発信し続けてきたが、このところ明らかに異変が起きており、ファンをざわつかせている。

発端はSNSに投稿された数々の奇行。もはや本人と認識できないレベルのすっぴんやトップレスの際どい自撮り、ランジェリー姿で踊ったり、パンティーをゴミ箱に投げるパフォーマンスでゲイであることを告白したりと、暴走を続けている。かつての輝きや面影さえも失った変貌ぶりに、ファンからは「私たちの知っているマドンナじゃない」と困惑の声があがり、「別人」「怖すぎる」と炎上している。

「クイーン・オブ・ポップ」として世界中の人々を魅了してきたマドンナに一体何が起きているのか。フェイスリフトや脂肪移植など美容整形に10万ドルを費やしたが失敗した結果だと報じられるなど、その変わり果てた姿に今、注目が集まっている。

@madonna

♬ original sound - Christinamarie James

「あなた誰?」「何がしたいのか分からない」とファンの声

10月10日にTikTokに投稿された動画では、ピンクのヘアスタイルで白いTシャツにビスチェ姿のマドンナが、ショッキングピンクの下着を手に持ち、ゴミ箱に向かって投げるパフォーマンスを披露している。「もしはずしたら、私はゲイ」とキャプションが添えられており、動画は的を外したマドンナが「仕方ない」という表情を見せるところで終わっている。

これを見たファンからは、「カミングアウトしたってこと?」「私たちは目撃者になったの?」と戸惑いの声があがり、奇抜な方法で同性愛を告白したと話題になった。また、ルックスの変化に驚いたファンも多く、「(ゴシックロック界のカリスマ)マリリン・マンソンみたい」と指摘する声も相次いだ。

その翌日には、インスタグラムに誰だか分からない別人のような雰囲気のマドンナが、無言でカメラをじっと見つめる動画を投稿。ほとんどアイメイクをしていない目元にブリーチによって眉がないように見える素顔で、シリアスな表情を作るマドンナに、さすがのファンもドン引き。

「マドンナじゃないよね。あなた誰?」とクローン説まで飛び出す始末で、「誰もマドンナだと気づかないから、もうボディガードはいらないわね」と辛らつなコメントも寄せられている。

インスタグラムのストーリーズで、網タイツに下着と金色のコルセットを身に着けただけのトップレスを披露したのは同28日のこと。バスルームと思われる場所で、キャンディーとお金の絵文字で乳首を隠しただけの挑発的な写真に加え、前かがみになって胸をカメラに突き出す過激なポーズも披露した。

胸の谷間部分には「Went from Candy To Money(キャンディーからマネーへ)」の文字が描かれ、ギリギリきわどい部分は隠されているが、「ポルノ」を連想させる投稿に「何がしたいのか分からない」と困惑の声が上がった。この投稿は、メディアでも「非常にきわどい写真」と取り上げられ、広く拡散されることとなった。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:メダリストも導入、広がる糖尿病用血糖モニ

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 10

    ロシア軍の拠点に、ウクライナ軍FPVドローンが突入..…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中