最新記事
映画俳優

歩きやすさ重視? カンヌ映画祭出席の米人気女優、豪華ドレスからチラ見えした「場違い」な足元が話題に

2023年5月26日(金)17時10分
千歳香奈子
ジェニファー・ローレンス

ジェニファー・ローレンス(5月21日、仏カンヌ) SARAH MEYSSONNIER-REUTERS

<カンヌ国際映画祭に登場したジェニファー・ローレンスの衣装が「ドレスコード違反」として話題になるも、意外に好意的なコメントが目立つ。過去の失敗に学んだのでは、と擁護する報道も>

自由奔放な言動と親しみやすいキャラクターで人気のジェニファー・ローレンスが、5月16日から27日まで南仏で開催されているカンヌ国際映画祭のレッドカーペットで、エレガントなドレスの足元からビーチサンダルをのぞかせて話題になっている。

【写真】ディオールの真っ赤なドレスからのぞく黒いビーチサンダル

真っ赤なディオールのオートクチュールドレスで、仏映画『Anatomie D'une Chute(原題)』のプレミアに登場したジェニファーは、ホワイトゴールドのネックレスを合わせたゴージャスな装いで一際注目を集めたが、階段を下りる際に裾を持ち上げた瞬間、黒いビーチサンダルがチラ見え。美しい装いのレッドカーペットには似つかわしくないまさかの足元に、人々の視線が釘付けとなった。

本人は気にする素振りもなく、笑顔でエスコートする男性の手を取り、堂々とした佇まいを見せていたが、カンヌではれっきとした規則違反となるため、「ドレスコードを破った」とメディアを騒がせている。

転倒予防のため?

2015年にヒールのないフラットなシューズを履いていた女性が「ドレスコードに反する」として入場を拒否されたことを機に、「女性はハイヒールを履かなければならない」という不文律に抗議が殺到。翌年のレッドカーペットではクリステン・スチュワートがスニーカーを履き、ジュリア・ロバーツは裸足でレッドカーペットを歩いて、女性のみならず男性からも多くの支持を得た。

そして今年、議論の余地があるこのハイヒール問題にサンダルで挑んだジェニファーにも、称賛の声が寄せられている。ネットには、「なぜサンダル?」「良い選択ではない」と疑問を投げかけるコメントもあるが、「とてもジェニファーらしい」「性差別的なドレスコードに中指を立てた彼女を本当に愛しています!」「見えないけど、ドレスの下にビーチサンダルを履いている彼女が大好き」と、好意的な意見が目立つ。

ジェニファーと言えば、2013年に『世界でひとつのプレイバック』で史上2番目の若さでアカデミー賞主演女優賞を受賞した晴れ舞台で、ステージに上がる際にドレスの裾を踏んで転倒するハプニングを起こしたことで知られる。その後も度々、レッドカーペットで転びそうになる場面が目撃されてきただけに、カンヌの急な階段で歩きやすいフラットなサンダルを着用したとして誰が彼女を責めることができるだろうと、擁護する報道もある。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ

ビジネス

決算本格化へ、23日はテスラとアルファベット=今週

ワールド

アングル:気候変動と農地拡大、アマゾン地域に迫る「
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…
  • 9
    世界で最も美しいAIが決定...初代「ミスAI」はモロッ…
  • 10
    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中