最新記事

アメリカが愛する大谷翔平

勝利に飢えた大谷をニューヨークは待っている 片思いのヤンキースが笑う日

A LOVE CALL FROM NEW YORK

2021年10月5日(火)16時45分
リサ・オルソン(スポーツジャーナリスト)

2年後のFAを前に、世紀のスーパースター大谷の決断に注目が集まる JOE CAMPOREALEーUSA TODAY SPORTSーREUTERS

<4年前にヤンキースからの誘いを断った大谷が、ピンストライプの二刀流でニューヨークのファンを沸かせる日は来るのか? 2年後のFAを前に、大谷獲得についてヤ軍幹部が本誌に明かした本音とは>

ニューヨーク・ヤンキースのファンの多くにとって、背筋がぞくぞくする瞬間だった。ロサンゼルス・エンゼルスの「二刀流」天才プレーヤー、大谷翔平が先日、記者会見で移籍について聞かれて興味深い発言をしたのだ。

2017年にMLBへの挑戦を表明した際、熱心に獲得に動いたヤンキースの名前を、大谷が口にしたわけではない。そんなことをすれば、23年まで契約を結ぶ所属チームに対して失礼に当たる。

それでも一部の見方によれば、今や大谷は心変わりを示唆している可能性がある。ニューヨークほど要求が多くない米西海岸の球団でプレーしたい、というMLB挑戦時の考えに変化が生まれているのだろうか。

エンゼルスは00年代に大成功を収めたが、15年以降はポストシーズン進出を逃し続け、今年も駄目だった。大谷が再来年に予定されるフリーエージェント(FA)権取得を見据えて、脱出に向けた「外交活動」を始めたとしても不思議ではない。

「エンゼルスに残留したい気持ちは?」。9月26日、対シアトル・マリナーズ戦での敗北の後、大谷はそう問われると、こう答えた。「もちろんファンの人も好きだし、球団の雰囲気も好き。ただそれ以上に勝ちたいという気持ちのほうが強い。プレーヤーとしては、それのほうが正しいんじゃないかなとは思っている」

現代のベーブ・ルースがついに、運命に導かれてニューヨークに向かうのでは――大谷は再び、そんなヤンキースファンの夢に火を付けた。

思い出してほしい。ヤンキースはかつて、日本人スター選手の本命球団と見なされていた。だからこそ、大谷がエンゼルスと契約したときには球界に衝撃が走ったのだ。

「常勝軍団」ヤンキースは例年どおり、プレーオフ進出に王手をかけているものの、左の強打者が恒常的に不足している。左打ちのスラッガーで右腕投手の大谷が、その素晴らしい存在感をマウンドでも発揮してくれるなら......。ロック歌手ブルース・スプリングスティーンが言ったとおり、あらゆる偉大なパフォーマーがブロードウェイの舞台に立つのには、それなりのわけがある。

松井秀喜や田中将大はいずれも、名野球選手になる運命をヤンキースで実現した。大谷が彼らの後に続くなら、球場には衛星中継用トラックが詰め掛けることになりそうだ。

「ビートルズが(ニューヨークにあった)シェイ・スタジアムにやって来るようなものだ」。ヤンキースの試合を長年実況するアナウンサーのマイケル・ケイは筆者にそう語った。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

インドネシア中銀、ルピア下支えへ「トリプル介入」態

ビジネス

ポンド安を非常に懸念、中銀に利上げ圧力=英労働党報

ビジネス

ユーロ圏、インフレのすそ野拡大し景気減速=ECB副

ビジネス

クレディ・スイス、戦略見直しの詳細 10月27日の

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    Google元エンジニアは言う──彼が開発したAIには、確…

  • 8

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 9

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 10

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月