最新記事

エンターテインメント

巣ごもりGWに観ておきたいおすすめ韓国映画・ドラマ 『パラサイト』観てハマった人も観てない人も

2020年5月3日(日)11時00分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

巣ごもりのホームステイ週間、新しいジャンルの映画やドラマに挑戦するのもいいかも。 wutwhanfoto - iStockphoto

<世界中の映画を毎日3本見続けた映画バイヤーの「ステイ・ホーム・シアター」ガイド>

人によっては最長16連休にもなるといわれている今年のゴールデンウィーク。しかし、せっかくの連休も緊急事態宣言による外出自粛のせいで外に遊びに行けず、時間をもて余している人も多いことだろう。

新型コロナウイルスのパンデミックが始まる少し前、今年2月といってももうすっかり昔のことのようだが、米アカデミー賞で韓国映画『パラサイト 半地下の家族』が4冠を獲得し、これまでアジア映画など観たことなかった人たちも韓国映画に興味をもち始めた。日本でも観客動員数100万人、興行収入14億円を超える大ヒットとなり、この作品がきっかけで「韓国映画って面白い」と気付いた方もいるかもしれない。

今回は、そんな「『パラサイト』観たけど、他にも面白い韓国作品って何を観ればいい?」という方のために、今家にこもりながらOTT(Netflix、Amazonプライムなどの動画ネット配信サービス)で観ることができる韓国映画とドラマそれぞれ数作品を紹介しよう。

よく韓国映画やドラマ好きな人にお勧め作品を聞くと「○○に出ていた○○氏主演で...」と俳優中心で勧められたり、韓国映画マニアからは「○○監督の最新作だ」と紹介されることが多いが、今まであまり観たことのない人にはどうでもよい情報だろう。ここではできるだけそういったトピックは避けて紹介したい。

映画部門

■恋愛映画『ビューティー・インサイド』

beaautyinside.jpg

GAGA / YouTube

主人公の男性は毎日容姿や性別、年齢がなぜか代わってしまうという不思議な設定で123人1役という未だかつてなかったラブストーリー。物語は彼だけでなく、彼の付き合っている彼女側の心情も描いているのが興味深い。

毎日デート相手が変わるなんて素敵じゃないかと思う人もいるだろうが、ある日は子供だったり別の日はお婆さんだったりと、コロコロ変わられると常に好きでいられるだろうか。「人間は容姿じゃない中身だ!」と言われるが果たして本当にそうなのか。韓国でも問題になっている美容整形問題にもつながる興味深いテーマが隠されている。


■サスペンス映画『あいつの声』

kununmokusori.jpg

Albatrosmovie / YouTube

韓国では度々実際の事件を元に作られる映画が登場する。特に韓国三大未解決事件は有名で、この映画はそのうちの1件を扱ったものだ。ちなみに、残りの2つは『カエル少年失踪殺人事件』『殺人の追憶』として映画化されている。

物語は9歳のサンウ君が誘拐された44日間の話である。実際に起きた事件というだけでもぞっとしてしまうが、映画の最後に実際の犯人の似顔絵と脅迫電話の声が流れ、このストーリーが実際に起こった事件であり、まだ捕まっていない犯人は外をうろついているかもしれないというリアルな恐怖を味わうことができる。


■ホラー映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』

trainforbusan.jpg

bbank / YouTube

日本公開時、原題『釜山行』から大きく離れ、まさかの駄洒落"新感染"という邦題に韓国映画ファンが驚愕した作品。

韓国では珍しいゾンビ映画であるが、そこに韓国らしい情緒が詰まっている。さらに、親子愛がベースになっているため、ゾンビ映画と聞いて避けがちな人にも観やすい作品だ。むしろ、ゾンビというよりも一種の災害パニック映画に近い感覚で観ることができるだろう。

主に列車の中で進行する話だが、車内で1人目の感染者は、先日日本アカデミー賞主演女優賞を受賞したシム・ウンギョンさんである。たった数分の出演にもかかわらず強烈なゾンビっぷりが印象に残る素晴らしい演技力にも注目してほしい。

ニュース速報

ワールド

新型コロナの「回復者血漿療法」、効果薄い=臨床試験

ビジネス

米ギャップ、第3四半期は32%減益 時間外で株価下

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者593

ビジネス

米株はダウ3万ドル突破、ワクチン開発進展や米政権移

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 2

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

  • 3

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天皇皇后両陛下への「お辞儀」の真実

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

  • 6

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 7

    トランプはなぜあれほど強かったのか──経済政策でも…

  • 8

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 9

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 10

    IQじゃない。習い事で伸ばすべきは「非認知能力」

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 6

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 7

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 8

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 9

    医学部で人生初の解剖、人体が教科書通りでないこと…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月