最新記事

エンターテインメント

ストリーミング配信は戦国時代へ スピルバーグからアナ雪、トトロまで参戦

2019年10月28日(月)18時40分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

Apple TV+の一番の目玉はスティーブン・スピルバーグの参加だろう。Stephen Lam - REUTERS

<モバイルの5G時代到来を見据えて、映画をはじめとしたコンテンツのストリーミング配信ビジネスへの参入が相次ぐ>

この11月から、アップルがついに映像ストリーミングサービス「Apple TV+」を開始する。これが発表されたのは今年3月25日に開催されたApple Special Eventだったのだが、その配信コンテンツや料金設定などが大きな話題となった。現在、3大ストリーイング会社といえば、言わずと知れたNetflix、Hulu、Amazonである。これは定額料金を払えば、ネット上でストリーミングをして映画やTV番組が見放題になるサービスだ。すでに3大巨頭が業界を席捲しているなか、Apple TV+は他社とどのような差を見せつけてくれるのだろうか?

まずApple TV+が注目を集めたのは、その料金設定だ。今現在の3大ストリーミング会社の月額料金を見てみると、Netflix(800円, 1200円, 1800円 プラン別に3つの価格設定)、Hulu(933円)、Amazon(年間4900円/月額会員の場合は500円)と、アマゾンが一番安く設定されている。それに対してApple TV+は月額600円で見放題に。さらに、iPhone、 iPad、Macなど、アップルの製品を新しく購入した際には1年間の無料サービスがついてくる。これについて、幅広い価格設定を設けているものの、選ぶプログラムによっては一番料金が高いNetflixが今後厳しくなる、という見方をするアナリストもいるという。

気になる注目タイトルは?

もっとも、いくら価格が安くても、配信コンテンツが充実してなければ意味がない。Apple TV+はすでに人気番組を持っている3社に対抗するため、どのようなコンテンツを準備しているのだろうか? ラインナップを見てみると、『シックス・センス』のM・ナイト・シャマラン監督や『スター・ウォーズ』『スタートレック』のJ・J・エイブラムス監督など、世界的に有名な名だたるクリエイティブアーティストらの名前が公表されている。

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2

ビジネス

情報BOX:宣言解除後の国内企業、在宅活用の「ニュ

ビジネス

金融機関向けコロナ対応特別オペ、貸付残高14兆円台

ビジネス

部品揃い次第、6月の国内四輪生産6万台以上を計画=

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 8

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 9

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 9

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月