最新記事

テクノロジー

ベッドを「全身ごたつ」に変える「屋内テント」という新発想

光熱費を大幅に削減しながら、冬を暖かく過ごせる「室内温度+5度」の快適空間を作り出すプロダクト

2016年1月4日(月)10時13分
Social Design News

ある意味「全身ごたつ」 2013年に設立され、アウトドア製品、特にテントを専門としてきたiKamper社が初めて開発した屋内テント

 暖房をつけても温かい空気は上にたまる。また、そもそも部屋全体を温かくする必要もない......。その弱点はすぐに光熱費アップに反映される。

「Room in Room」(クリックすると、サイトに繋がります)はそんな問題点にアプローチした屋内テントである。ベッドやマットレスをひいた布団の上にこれを張れば、部屋の中に更に"マイスペース"が誕生する。また、次のようにベルトが張られており、パソコンで作業することもできる。

sdn160104-b.jpg

テント内に座ってパソコンを操作したり、寝転んでスマホで動画を視聴したりできるので、もう外に出られなくなってしまうかもしれない Soon Gyu Park-YouTube

 更には、寝転んでスマホ動画を観ることも可能だ。

 Room in Roomの中は部屋の温度より5度ほど温かいようだが、それも電気膝掛けなどのあったかグッズで、更に上昇させることができるだろう。また、こたつの電気代は1時間2〜5円と安いが、基本は下半身だけを温めるものだ。Room in Roomはその温め範囲を全身に広げたようなイメージ。


 日本においても冬場の光熱費はバカにならない。無駄な光熱費を抑えたいと思う人、また環境への配慮を考える人には、「部屋の中に屋内テントを張る」という選択肢がこれからじわじわと支持されていくかもしれない。そして日本では「屋内テント」というよりも「全身ごたつ」と言った方がインパクトは広がることだろう。

※当記事はSocial Design Newsの提供記事です
sdnlogo200.jpg


ニュース速報

ワールド

米民主党、トランプ大統領の罷免求める 「国家安全保

ワールド

イラン、自国での飛行記録解析目指す、外国に渡す決定

ワールド

北朝鮮が外相交代か、外交路線に影響も 一部メディア

ビジネス

世銀、2020年のタイの経済成長予想を2.7%に下

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身男性、生活費8000円の田舎暮らしのススメ

  • 4

    元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    米中貿易戦争の敗者は日本、韓国、台湾である

  • 10

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機撃墜に憤る国民

  • 4

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 9

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月