最新記事
経営者

「生涯青春」を掲げ、前だけ向いて挑み続ける──。レダグループホールディングス創業者インタビュー

PR

2023年12月19日(火)12時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ広告制作チーム
レダグループホールディングス会⻑兼社⻑の加畑雅之

レダグループホールディングス会⻑兼社⻑の加畑雅之(撮影:宮澤正明)

<「勝つため」の努力を怠らない総帥の信念こそが、多彩な事業を展開するレダグループホールディングスの原動力だった。>

どうやったら勝てるのか、とことん考えて鍛え抜く。

「生涯青春」──。それが加畑雅之の座右の銘だ。「経営は戦いで、戦いは勝つためにあると思っています。私にとって勝つために必要なこと、それが『青春』です。青春時代に培った精神、気力、体力です。生涯『青春』時代の現役でありたい」。

北海道道東の炭鉱町で育った加畑。原点は当時から向き合ってきたスポーツにある。「どうやったら勝てるのか、とことん考えて鍛え抜く。一方で、無駄な努力はしない。こうした点を軸に、限界まで自分を追い込みながら、一つ一つの勝ちをつかんでいったのです」。

そうしてオリンピックを目指し練習に明け暮れる日々を過ごすなかで、のちに経営者となるための礎が築かれていった。「父の教えである、『中途半端で逃げるな。きっちり白黒をつけろ』という考え方も大きかったように思います。目の前のことに怯まずに立ち向か
う、乗り越えるために挑み続けること、この姿勢も私の根幹となっています」。

23歳にして起業。舞台がスポーツからビジネスに移っても、加畑はブレることなく突き進んできた。「経営も自分自身との戦いです。気持ちを萎えさせずに、決して折れることなく鼓舞し続けることができるか。それこそ、自分の中での戦いになります。周囲の情勢は日々刻々と変わっていきますよね。そのようななかで成功を積み重ねていくためには、勝つまでやるんだ!という情熱が必要です」。

実際、加畑が率いるレダグループホールディングスの展開する事業は、時代の要請や流れをうまく捉えながら、変化と成長を続けてきた。一時の成功に甘んじることなく、「変わること」を厭わずにビジネスの荒波に立ち向かってきたのだ。加畑が最初に立ち上げたのはレジャー・ビジネス事業だったが、それから2年後の1979年、ファッション事業を柱とする新会社・セントラル通商を創業。これがレダとしての歴史の始まりだ。

特に欧州で流行していたファー素材の衣類に着目し、海外のファッションブランドを輸入・製造販売する会社として創業した。「ブランディング、というものをとにかく徹底しました。このブランドの商品なら、絶対に間違いがないという信頼感。時代に合った製品開発コンセプトが明確で、メーカーから販売店まで一貫していること。これらを磨き込んで、市場を開拓していきました」。

このブランド力の磨き込みというアプローチは、例えばのちに参入し中核事業へと成長する健康分野にも継承されている。主力商品となったゲルマニウムを素材とする医療機器「プチシルマ」「レダシルマ」も、ユーザーが試用して自分との相性を確認した上で購入するのが基本的な流れだ。「服の試着と同様ですね。こうしたお客様との丁寧な信頼感の醸成が何より大切だと考えています」。

こうしたレダグループホールディングスのブランド展開は、日本国内のみならず、韓国や中国など海外でも広く支持されている。

ニュース速報

ワールド

ゼレンスキー氏がサウジ訪問、和平案など協議

ワールド

バイデン氏、議会指導部に迅速な行動要請 政府機関閉

ビジネス

政策スタンス変更になお「慎重」、インフレ上振れリス

ワールド

カナダ、凍結ロシア資産の没収で米国と「完全に合意」
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「世界一の親イスラエル国」なのに、イスラエルがウクライナに塩対応の理由

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシア最大級の製鉄所を爆撃か

  • 4

    侵攻2年の記念にふさわしい勇気、一人で10人のロシア…

  • 5

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 6

    衛星写真:南シナ海のスカボロー礁に「浮遊障壁」、…

  • 7

    中国企業、IPO計画中止相次ぐ...今年すでに47社が上…

  • 8

    トランプ、「党団結」は程遠く 予備選連勝も本選に…

  • 9

    フィリピンにある「世界最古のチャイナタウン」で旧…

  • 10

    【欧州世論調査】ウクライナ戦争の予測「ロシア勝利…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 6

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中