最新記事

ビットコイン

仮想通貨、イーロン・マスクのツイートで乱高下 ビットコインは大幅安

2021年5月15日(土)10時55分
暗号資産(仮想通貨)のドージコイン

暗号資産(仮想通貨)のドージコインがバイナンスでの取引で、一時20%上昇し0.5200ドルを付けた。4月20日撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

暗号資産(仮想通貨)のビットコインは今週、週間で2月以来の大幅な下げを記録する見通し。一方、ドージコインは14日の取引で一時25%上昇した。ともに米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)のツイートが材料だ。

両通貨は数カ月にわたり、マスク氏の発言を受けて乱高下している。ドージコインはマスク氏が関心を示したことから今年に入り、100倍に値上がり、ビットコインは2月にテスラが15億ドルを投資したことが明らかになり5万ドルを突破した。

しかし、マスク氏は今週、環境への懸念を理由にテスラ車の購入でビットコインを使った支払いの受け付けを停止。ビットコインは急落した

ドージコインは、マスク氏が米人気バラエティー番組「サタデー・ナイト・ライブ」のコントで「詐欺」と発言したことを受け急落、前週末以降では約30%下落している。ただ、この日はマスク氏が「ドージコインの開発者と協力して取引の効率改善に取り組んでいる。期待できそうだ」のツイートを受け上昇した。

ビットコインは直近で1.6%高の5万0503ドル。今週は13%程度の下落となる見込み。

ドージコインは直近で0.52ドル。先週付けた最高値の0.73ドルから大きく下げている。

豪ニューサウスウェールズ大学ビジネススクールのマーク・ハンフェリー・ジェナー准教授(金融学)は、マスク氏の発言がエネルギー消費の効率性に言及したものなのか、使い勝手の良さ、あるいは通貨としての適性を指しているのかは明らかでないと指摘した。

データセンターを提供するTRGによると、1取引当たりの電力消費量はビットコインが707キロワット時。これに対しドージコインは0.12キロワット時だが、商品などの購入に使用できる場は非常に限られている。

コインマーケットキャップ・ドットコムによると、ドージコインは時価総額で第4位の仮想通貨に急成長している。第2位のイーサも、今年に入り400%以上急騰。直近では3865ドルで、週間でほぼ横ばいとなっている。

こうした仮想通貨の急変動を受け、規制当局の監視が強まっている。ブルームバーグは13日、世界有数の仮想通貨取引所バイナンスの調査の一環で、米司法省と米内国歳入庁(IRS)が同社のビジネスに詳しい個人に情報提供を求めていると報じた。

OANDAのエドワード・モヤ氏は、マスク氏のツイートや市場の反応を受け、当局の監視の目がさらに強まる可能性があると指摘した。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2021トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


【話題の記事】
・天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋
・テスラ、起こるべくして起きた「中国トラブル」
・世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...


ニュース速報

ワールド

中国が豪をWTO提訴、鉄道車輪など3品目の関税巡り

ビジネス

フィリピン中銀、5会合連続で金利据え置き 下振れリ

ビジネス

海外アクティビスト厳格に監視を、東芝の重要性を理解

ビジネス

アングル:J&Jコロナワクチン、欧州で「脇役」にな

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクスルー

  • 2

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 3

    目先の利権を優先してきたインフラはもう限界...日本人が知らない大問題

  • 4

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の…

  • 5

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 6

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 7

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 10

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月