最新記事

不動産

富裕層向け資産運用会社、事務所設置で香港敬遠 「逃亡犯条例」改正案を巡る懸念から

2019年7月3日(水)15時00分

6月28日、香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案を巡る懸念から、富裕層の資産運用を手掛ける外資系ウェルスマネジメント(WM)企業の一部が香港での事務所設置を取り止め、シンガポールでの設置を検討し始めた。写真は6月、改正案に反対するデモが行われた香港中心部(2019年 ロイター/Jorge Silva)

香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案を巡る懸念から、富裕層の資産運用を手掛ける外資系ウェルスマネジメント(WM)企業の一部が香港での事務所設置を取り止め、シンガポールでの設置を検討し始めた。

ある欧州中堅WM企業の最高経営責任者(CEO)はロイターに対し、アジア子会社を香港に設置する計画を止め、シンガポールでの設置を狙うと説明した。

CEOは「ここ数週間の香港の状況を見ていて、安心できなくなった。私にとって最も重要なのは、顧客の安定性だ。100万─200万ドルを投じて事業を開設したのに、顧客がその市場での運用に不安を感じ出したために、ある日突然閉鎖を迫られるなどご免だ」と話す。

ロイターは6月、逃亡法条例を巡る懸念から、一部の香港大富豪が個人資産を海外に移転し始めたと報じた。

富裕層は、中国政府がいずれ自分たちの資産を差し押さえられるようになる可能性を危惧し、海外への資産移転を考えている。WM企業は通常、顧客が資産を管理したいと望む場所で事業を行う。

逃亡法条例を巡る不透明感は、WM拠点としての香港の将来に影を落とす。香港は近年、シンガポールにお株を奪われつつある。

業界誌エイジアン・プライベート・バンカーが昨年公表した調査によると、最も望ましい海外WM拠点を尋ねる質問で、回答者の58%がシンガポールを挙げ、香港は2位、3位はスイスだった。

シンガポールは「規制、政治、金融の観点で中国本土との結び付きが(香港より)小さい」点が特に魅力とされた。

人材採用企業ボイデン(ロンドン)でWMの世界責任者を務めるラウル・セン氏によると、香港での人材採用を検討していた顧客のWM企業3社が、ここ数週間でシンガポールでの採用を決断した。「独立したWM拠点としての香港自体の将来が不確かな時に、なぜ香港と手を結ぶ必要があるのか」と考えた結果だという。

シンガポールの不動産物色

シンガポール金融通貨庁(中央銀行に相当)長官は27日、香港からシンガポールに企業や資金が大量にシフトしている兆候は見られないと述べた。

しかしシンガポールの不動産会社によると、不動産ファンド運用会社やファミリーオフィス(個人資産運用会社)、WM企業などからの問い合わせや訪問が増えている。

不動産会社ナイト・フランク(シンガポール)の投資・資本市場責任者、イアン・ロー氏は、投資家が事務所やホテルなど幅広い物件を物色していると話した。

同社の調査によると、シンガポールの優良事務所物件の月間家賃は今年第1・四半期に前年同期比24%上昇し、1平方メートル当たり81.2ドルとなった。香港中心部の家賃はこの間3.2%上昇して221.5ドル。

業界関係者は、逃亡法条例を巡る混乱を機に、香港の超富裕層がシンガポールの不動産を求める流れは加速すると見ている。ただ、大手金融機関も条件反射的に香港から逃げ出すかどうかについては、懐疑的な見方がある。

(Sumeet Chatterjee記者 John Geddie記者)

[香港/シンガポール 28日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

米下院、香港人権法案を可決 対中圧力強める

ワールド

IMF、今年のイラン成長率予想を-9.5%に下方修

ビジネス

ユニゾHD「現時点で確定事項ない」、ブラックストー

ビジネス

寄り付きの日経平均は続伸、年初来高値更新

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

  • 2

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 3

    自宅でのネコの態度で分かる! 飼い主との生物の種を超えた絆とその幸福度

  • 4

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 5

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 6

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 7

    米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

  • 8

    NBA騒動に学ぶ「かんしゃく国家」中国との付き合い方

  • 9

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 10

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本…

  • 6

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 7

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 10

    勉強熱心な韓国市民の愛読書はニッポン本

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月