最新記事

ギリシャ危機

EUに忍び寄る旧ユーゴ型分裂の危機

ユーロ圏で高まる不協和音と、共和国間の経済格差が血みどろの内戦につながった旧ユーゴスラビア連邦の不気味な類似点

2011年6月16日(木)19時19分
フィル・カイン

高まる軋轢 ギリシャでは自国の苦境をドイツのせいと考える人が増えている(6月15日、緊縮財政に反対するアテネの大規模デモ) Pascal Rossignol-Reuters

 ユーロ圏は「ユーゴスラビア・シンドローム」に陥っている──。ユーゴスラビア連邦の一角をなすスロベニア共和国が1991年に連邦から独立する直前まで同共和国の経済相を務めていたエコノミストのジョゼ・メンシンガーはそう考えている。

「ドイツでは自分たちがギリシャ人に搾取されていると感じる人が増えており、ギリシャでは自分たちがドイツ人に搾取されていると信じる人が増えている」と、メンシンガーは言う。「経済が停滞しいた1980年代のユーゴスラビアでも、自分たちが苦しむのは連邦内の他の5つの共和国に搾取されたせいだという考え方が広がっていた」

 その後の展開は周知の事実だ。政治的な不協和音、内戦、集団虐殺──。唯一の例外は、連邦からの独立と資本主義を勝ち取り、旧ユーゴ圏で初のユーロ加盟国となったスロベニアだ。

 債務危機によって加盟国間の信頼と善意が崩れつつあるEU(欧州連合)には、スロベニアと残りの旧ユーゴ圏のどちらの運命が待ち受けているのだろうか。

 民主国家の連合体であるEUと、共産主義の独裁国家だったユーゴスラビアを同列には扱えないが、メンシンガーに言わせれば類似点はある。ユーゴスラビア連邦政府の役割は、共和国間の小競り合いを仲裁することだった。

 EUも民主主義が欠落しているからこそうまく機能している。ユーゴスラビアと同じく、EUが安定を維持しているのは「惰性、ルール無視、新規組織の乱立、口先だけの発言」のおかげであり、そうした要素が「EUの統合や拡大に重要な役割を担っている」と、メンシンガーは言う。

共通の利益に異を唱えるのはタブー

 例えば、EUが国家債務に関するルールを遵守したなら、債務の多いイタリアとベルギーがユーロに加わることはありえなかった。市民の声を十分に尊重していたなら、EUのさらなる統合を推進するリスボン条約も存在しなかっただろう。2005年にフランスとオランダで国民投票が行われ、欧州憲法条約の批准が否決されたが、07年末にはそれと似たような内容の(ただし別の名を冠した)リスボン条約が締結された。

 政治的タブーの面でも、EUとユーゴスラビアには共通点がある。「80年代のユーゴスラビアでは『兄弟愛と結束』や『社会主義国家ユーゴスラビア内の利益の同一性』と言ったスローガンに疑問をもつのは不謹慎と考えられていた」と、メンシンガーは言う。今のEUでも「ユーロや『ヨーロッパ内の利益の同一性』に疑問をいだくのは不謹慎だと思われているようだ」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル/ユーロ下落、欧州の政治不安一服

ワールド

ロシア拘束の米記者、スパイ容疑の審理非公開 26日

ビジネス

米国株式市場=上昇、S&Pとナスダック最高値更新

ワールド

イスラエルで反政府デモ、数千人規模 ネタニヤフ首相
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 4

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 5

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 6

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 7

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 8

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 9

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中