最新記事

北朝鮮

資本主義、北朝鮮スタイル

強制収容所は政治犯ではなく経済犯で満杯。一旦動き始めた市場経済化の流れは金正日にも止められない

2009年12月24日(木)15時14分
ジェリー・グオ(本誌記者)

 北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記は過去4年間、民間の経済活動を全力で抑え込んできた。かつて政治犯が入る場所だった悪名高き強制収容所は「経済犯」であふれ返っている。自由市場は都市の中心部から周辺部に追いやられ、1日の営業時間を数時間に制限されている。

 99年の時点で刑法に記載されている経済犯罪は8種類だけだったが、04年には75種類に増えた。私営のレストランやモーテル、商店を経営して「特に大きな利益を得た者」は10年以上の強制労働に処すこともあると、07年の刑法には規定されている。

 だが、驚くべき事態が起きている。金正日は資本主義の実験を中止しようとしたが、どうやら失敗しつつあるらしい。金王朝は過去のどんな国家よりも厳しく国境と国民を管理してきたが、今では支配力を失い始めている。

 米ピーターソン国際経済研究所のマーカス・ノーランド副所長とカリフォルニア大学サンディエゴ校のスティーブン・ハガード教授が発表した新しい調査によると、当局が自由市場への締め付けを強化しているにもかかわらず、商売をするのが生活水準を上げる最もいい方法」だと考える北朝鮮国民が今も68%前後いる。

 時間がたつにつれて、民間のビジネスがやりやすくなった」と答える国民の割合も着実に増加している。調査によると、最も衝撃的なのは市場での稼ぎに依存する世帯の割合だ。今ではほぼ半数の国民が民間部門からすべての収入を得ている(10年前は43%だった)。

 さらにノーランドによれば、公的経済の枠外にある民間ビジネスに携わるエリート層も増加の一途をたどっている。中国とかなり大掛かりなで取引を行っているケースも多く、02年から現在までに両国間の国境取引を手掛ける会社が数百社も新たに誕生している。

「民間部門で働く人々が急速に増えている」と、ノーランドは言う。「教育レベルの高い富裕層もいれば、農民もいる。あらゆる階層が民間ビジネスに進出している」

 金正日が体制の生き残りを懸けて、市場改革の実験を開始したのは90年代後半。当時の北朝鮮経済はマイナス成長に落ち込み、国民は干ばつと飢餓にあえいでいた。

 そこで金正日は中国を3度訪問し、共産党主導の政治体制と自由市場経済を融合させる方法を学んだ。01年には軍幹部を引き連れて上海証券取引所を訪れ、株取引の考え方を自ら説明した。

崩れた「社会主義の楽園」幻想

 金正日は02年までに市場経済導入の可能性を示唆するシグナルを出し、価格統制の緩和と収益の一部を個人に与えるインセンティブ(奨励金)の導入に踏み切った。さらに自由市場が食料品以外の日用品を扱うことも黙認した。こうした動きの背景には、市場経済を部分的に取り入れ、注意深く管理しながら世界市場に自国を開放していこうとする狙いがあった。

 この戦略は「部分的」には成功だった。北朝鮮は欧米のビジネスマンをごく一部しか受け入れず、開店したファストフードの店舗は1軒だけだったが、対外貿易は当局の管理能力を上回るペースで拡大した。90年代から00年代初めにかけて統制経済が崩壊したため、多くの中流層は生活のために外国人と取引せざるを得なくなった。

 国有企業の幹部は外国企業との合弁事業に乗り出し、その利益を国家に納めず自分の懐へ入れた。国境地帯の貿易業者は海賊版のDVDや違法ラジオを含む外国製品を国内に持ち込んだ。

ニュース速報

ワールド

韓国、新型コロナ感染増加でレムデシビル輸入へ 欧州

ワールド

トランプ米大統領、香港の優遇措置撤廃を指示 国家安

ビジネス

米国株、S&P小幅高 トランプ氏は米中通商問題に言

ビジネス

ドル下落、月末フローが重し ユーロ高い=NY市場

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 2

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 3

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 6

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 7

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 8

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 9

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 10

    中国がWHOに送り込んだプロパガンダ宣伝マン

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月