最新記事

知られざる在日米軍の素顔<br> 第2章──「あのレイプ事件」

在日米軍の真実

海兵隊の密着取材で見た
オキナワ駐留米兵の知られざる素顔

2010.03.31

ニューストピックス

知られざる在日米軍の素顔
第2章──「あのレイプ事件」

「レイプ」や「ヘリ墜落」でのみ語られる沖縄の兵士たち
極東の楽園でイラクや北朝鮮の幻影と戦う彼らの真実とは

2010年3月31日(水)12時04分
横田 孝(本誌記者)

基地の日常 宿舎の掃除前に隊員を指導する軍曹ら(キャンプ・シュワブ) Peter Blakely-Redux


普天間基地の移設問題で、在日米軍の存在が再び問われている。沖縄での犯罪や事故といった問題のみがクローズアップされてきた在日米軍だが、彼らの勤務実態や日々の生活はあまり伝えられない。米軍再編交渉を目前にした2005年春、海兵隊の野営訓練から米空軍F15戦闘機飛行訓練まで、本誌記者が4か月に渡る密着取材で見た在日米軍の本当の姿とは──。


 一般人と同様、兵士たちは個人的な悩みもかかえている。海兵隊で従軍牧師を務めるアラン・フレミング海軍大尉によれば、隊員たちは普通のアメリカ人と「同じ希望、同じ夢」をもっている。「軍隊にいても、人間はみな同じような問題をかかえるものだ。孤独な時期を経験したり、男女の関係に苦しむこともある」とフレミングは言う。隊員たちの相談も、たいていはホームシックや夫婦関係の悩みだ。つらくて泣きだす者もいるという。

 しかし、地元の平和活動家は兵士の悩みなどに関心はない。彼らが懸念するのは、基地の外で起きる事件や事故だ。その一方で海兵隊員は、フェンスの外で起きる問題について知らないことが多い。なんといっても、在沖海兵隊は1万8000人の大所帯。沖縄本島の36カ所の米軍施設にばらばらに配置されている。

 昨年8月、宜野湾市の沖縄国際大学に海兵隊の大型ヘリが墜落した。これについて第2小隊の隊員たちに聞いたところ、彼らはそんな事件のことなど聞いたこともないといった表情でこう言った。「何それ。知らなかったよ」

 では、今年2月に神奈川県横須賀の海軍基地で兵士十数人が薬物使用で摘発されたのは知っているかと尋ねた。「マジかよ!」。衛生兵が驚きの声を上げた。

 だが、95年に沖縄の海兵隊員ら米兵3人が12歳の少女を誘拐、強姦した事件は知られていた。海兵隊では「あのレイプ事件」として通っており、米軍広報担当者にとっては、メディアに最も触れてほしくないテーマの一つだ。

 5月に再び沖縄を訪れた際、記者はキャンプ・シュワブ所属の別の海兵隊員たちと話をする機会を得た。このときは報道官も同行し、記者が隊員の一人に基地問題について聞こうとすると、彼は遮るようにこう言った。「基地問題への質問はなしだ。彼らは若手の隊員で、ここには楽しい時間を過ごすために来ているのだから」

 東京に戻ってから数日後、記者は海兵隊の報道官室に電話をし、海兵隊司令部外交政策部(G5)への取材調整の進捗状況を聞いた。G5は地元自治体との連絡・調整を担当する部署だ。

 前とは別の報道官が電話に出てきたが、口にしたのは同じようなせりふだった。「正直なところ、(あなたがたの企画には)問題があるような気がしてきた。君は滞在中、海兵隊員に基地問題について聞いて回った。そういう類の質問をしてはならないと、はっきり言ったはずだが」

 そんなことは、一度たりとも言われたことはなかった。「若い兵士は政治について話したがらない。給料をもらってメシを食って、楽しい時間を過ごすためにここにいるんだ」と、報道官は言った。結局、G5への取材は実現しなかった。

 ただ、沖縄では数人の海兵隊員から意見を聞くことができた。「もしここが自分の故郷で、何か事件が起きたら、いい気持ちはしないだろう」と、ラモン・オーティズ一等軍曹は言った。「われわれはアメリカから派遣された大使なのだと、日本に来るときに言われたよ」

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    【動画】米軍、イラン革命防衛隊が日本のタンカーか…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    世界に誇る『ゴジラ』シリーズ化の原点は、1955年公…

  • 10

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 6

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 7

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    自殺した人の脳に共通する特徴とは

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月