最新記事

知られざる在日米軍の素顔<br> 第2章──「あのレイプ事件」

在日米軍の真実

海兵隊の密着取材で見た
オキナワ駐留米兵の知られざる素顔

2010.03.31

ニューストピックス

知られざる在日米軍の素顔
第2章──「あのレイプ事件」

「レイプ」や「ヘリ墜落」でのみ語られる沖縄の兵士たち
極東の楽園でイラクや北朝鮮の幻影と戦う彼らの真実とは

2010年3月31日(水)12時04分
横田 孝(本誌記者)

基地の日常 宿舎の掃除前に隊員を指導する軍曹ら(キャンプ・シュワブ) Peter Blakely-Redux


普天間基地の移設問題で、在日米軍の存在が再び問われている。沖縄での犯罪や事故といった問題のみがクローズアップされてきた在日米軍だが、彼らの勤務実態や日々の生活はあまり伝えられない。米軍再編交渉を目前にした2005年春、海兵隊の野営訓練から米空軍F15戦闘機飛行訓練まで、本誌記者が4か月に渡る密着取材で見た在日米軍の本当の姿とは──。


 一般人と同様、兵士たちは個人的な悩みもかかえている。海兵隊で従軍牧師を務めるアラン・フレミング海軍大尉によれば、隊員たちは普通のアメリカ人と「同じ希望、同じ夢」をもっている。「軍隊にいても、人間はみな同じような問題をかかえるものだ。孤独な時期を経験したり、男女の関係に苦しむこともある」とフレミングは言う。隊員たちの相談も、たいていはホームシックや夫婦関係の悩みだ。つらくて泣きだす者もいるという。

 しかし、地元の平和活動家は兵士の悩みなどに関心はない。彼らが懸念するのは、基地の外で起きる事件や事故だ。その一方で海兵隊員は、フェンスの外で起きる問題について知らないことが多い。なんといっても、在沖海兵隊は1万8000人の大所帯。沖縄本島の36カ所の米軍施設にばらばらに配置されている。

 昨年8月、宜野湾市の沖縄国際大学に海兵隊の大型ヘリが墜落した。これについて第2小隊の隊員たちに聞いたところ、彼らはそんな事件のことなど聞いたこともないといった表情でこう言った。「何それ。知らなかったよ」

 では、今年2月に神奈川県横須賀の海軍基地で兵士十数人が薬物使用で摘発されたのは知っているかと尋ねた。「マジかよ!」。衛生兵が驚きの声を上げた。

 だが、95年に沖縄の海兵隊員ら米兵3人が12歳の少女を誘拐、強姦した事件は知られていた。海兵隊では「あのレイプ事件」として通っており、米軍広報担当者にとっては、メディアに最も触れてほしくないテーマの一つだ。

 5月に再び沖縄を訪れた際、記者はキャンプ・シュワブ所属の別の海兵隊員たちと話をする機会を得た。このときは報道官も同行し、記者が隊員の一人に基地問題について聞こうとすると、彼は遮るようにこう言った。「基地問題への質問はなしだ。彼らは若手の隊員で、ここには楽しい時間を過ごすために来ているのだから」

 東京に戻ってから数日後、記者は海兵隊の報道官室に電話をし、海兵隊司令部外交政策部(G5)への取材調整の進捗状況を聞いた。G5は地元自治体との連絡・調整を担当する部署だ。

 前とは別の報道官が電話に出てきたが、口にしたのは同じようなせりふだった。「正直なところ、(あなたがたの企画には)問題があるような気がしてきた。君は滞在中、海兵隊員に基地問題について聞いて回った。そういう類の質問をしてはならないと、はっきり言ったはずだが」

 そんなことは、一度たりとも言われたことはなかった。「若い兵士は政治について話したがらない。給料をもらってメシを食って、楽しい時間を過ごすためにここにいるんだ」と、報道官は言った。結局、G5への取材は実現しなかった。

 ただ、沖縄では数人の海兵隊員から意見を聞くことができた。「もしここが自分の故郷で、何か事件が起きたら、いい気持ちはしないだろう」と、ラモン・オーティズ一等軍曹は言った。「われわれはアメリカから派遣された大使なのだと、日本に来るときに言われたよ」

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏小売売上高、5月は前月比+17.8% 都市

ワールド

イベント制限緩和で了承、緊急事態時と「状況異なる」

ビジネス

JAL、7月にシンガポール線など国際線の一部復便 

ワールド

台湾外交部、ダライ・ラマ14世の訪問実現なら歓迎の

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    新型コロナのワクチンはいつになったらできる?

  • 5

    韓国、Netflix急成長にタダ乗り議論で法改正 政府は…

  • 6

    オーストラリア経済の長期繁栄に終止符 観光・教育・…

  • 7

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染111人 4日連続3…

  • 10

    「バイデン大統領」に備える投資家 ドル売りに米株保…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 7

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 9

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月