ニューストピックス

ニューズウィーク日本版アーカイブ&スペシャルリポート

歴史を変えるブレグジット国民投票

歴史を変えるブレグジット国民投票

経済格差や難民危機など欧州の矛盾が凝縮した一票。結果がEU残留でも、影響は離脱予備軍の国々やEU、世界に及ぶ

2016.06.23

経済ニュース超解説 加谷珪一

EUを離脱した英国は「ノルウェー化」か「中国蜜月」を目指す?

<英EU離脱問題で、残留を織り込んでいた市場にはショックが走った。今後もしばらくは不安定な動きが続くだろうが、金融危機は起こっていない。懸念

2016.06.27
国際政治の読み解き方 細谷雄一

イギリスは第2のオーストリアになるのか

<第一次大戦により、オーストリア帝国は国家解体に至ったが、その指導者達は国が解体するとは夢にも思っていなかったはずだ。100年が過ぎた今、ナ

2016.06.27
転機の日本経済 小幡 績

英国EU離脱は、英国の終わり、欧州の衰退、世界の停滞をもたらす

 英国の国民投票は、EU離脱支持が残留支持を上回り、今後2年をかけて離脱することが決まった。ただし、政治的に、これをもう一度やり直すという可

2016.06.24
英EU離脱

【年表】イギリスがEUを離脱するまで(1952-2016)

2016.06.24
英EU離脱

スコットランド、EU残留のため英から独立へ=首相示唆

2016.06.24
欧州インサイドReport 木村正人

EU離脱派勝利が示す国民投票の怖さとキャメロンの罪

 欧州連合(EU)残留・離脱を問う英国の国民投票は衝撃的な「離脱」を選択した。離脱派の英国独立党(UKIP)のナイジェル・ファラージ党首はい

2016.06.24
ブレグジット

イギリス国民はEU離脱を選択! 金融市場大荒れ、キャメロン首相「辞任の意向」

2016.06.24
イギリス

イギリスがEU国民投票で離脱を決断へ──疑問点をまとめてみた

2016.06.24
EU離脱

英議員殺害で変わった? EU離脱をめぐる「憎悪の応酬」

2016.06.23
イギリス

EU離脱なら失業と新自由主義がやってくる

2016.06.21
EU離脱

【EU残留派ネコ】ブレグジットはボクも心配だニャ~!

2016.06.21
イギリス

英EU離脱投票:暴走するワーキングクラスの怒り

2016.06.21
英EU離脱

6月24日イギリス国民投票結果はEU離脱! その後のシナリオは......

2016.06.20
英EU離脱

【まとめ】イギリスEU離脱を問う国民投票23日、結果判明までの流れ

2016.06.18
国民投票

イギリスの漁師は90%がEU離脱支持──農家は半々

2016.06.14
欧州インサイドReport 木村正人

英国のEU離脱問題、ハッピーエンドは幻か

 欧州連合(EU)にさらに権限を委譲すべきだと答えた英国人はわずか6%、それに対してEUから権限を取り戻すべきだと回答したのは65%――英国

2016.06.09

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育ではなく「心を育てる」ことです

  • 2

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 3

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い理由

  • 4

    人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

  • 5

    放射線治療中、目が発光している様子がはじめて撮影…

  • 6

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 7

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 8

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 9

    バグダディを追い詰めた IS被害女性ケーラ・ミュラー…

  • 10

    「ダメ、ダメ」言い過ぎる母親を生む日本社会で、自…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 5

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 8

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 9

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 10

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!