コラム

バイデン「撤退」議論は、リアルタイムで進行中

2024年07月10日(水)14時00分

首都ワシントンで9日に開催されたNATO首脳会議で演説するバイデン Yves Herman-REUTERS

<民主党の一部議員は撤退を要求しているが、バイデン本人は「撤退しない」と強く反発>

6月27日の第1回米大統領選テレビ討論を契機として、バイデン大統領の健康不安が一気に噴出しています。その後、7月5日に大統領は、ABCテレビの独占インタビューに応じています。おそらくは懸念を払拭する意図で行われたと思われますが、ここでも不安を払拭することはできませんでした。

また、大統領サイドからは、テレビ討論の際には大統領は風邪をひいていたこと、またG7サミットから戻ったばかりで、時差ボケがあったという説明がされています。加えて、バイデンとしては、当面は午後8時以降の公務は控えるという発表もありました。


その後、パーキンソン病の専門医が昨年1年間で8回もホワイトハウスに出入りしていたことが明るみに出るなど、日替わりで事態は進んでいます。現時点では、ワシントンDCでは、NATOの首脳会議が行われており、大統領は9日の夕刻にはとりあえずスピーチを無難に終えていますが、相変わらずメディアは大統領の一挙手一投足を注視しているのが現状です。

連邦議会の民主党議員団は激しく動揺しており、主要な議員の多くがバイデンに対して選挙戦から撤退するよう申し入れを行いました。これに対して、大統領からは「自分は撤退しないので党として団結して支持してほしい」という強い口調の書簡が送られています。これを受けて、下院の民主党議員団は9日に議員総会を開いて対応を協議していますが、意見は割れており議員総会ではお互いの意見を聞くことが中心だったようです。上院の議員団でも同じようにさまざまな意見が出ています。

党内抗争だけは避けたい民主党

下院の民主党議員の動向ですが、この11月には全員が改選となるなかでは、意外と慎重な言動も出ています。一時期には撤退論に傾いていたとされる、ジェフリーズ院内総務は当面バイデンで挙党態勢という姿勢を打ち出しました。また左派のリーダーであるAOCことオカシオコルテス議員なども、バイデン支持でブレていません。

ですが、こうした動きは、あくまで「トランプに負けないためには党内抗争だけは避けたい」という思いの反映だという解説もあります。つまり、党内が一気に「バイデン下ろし」に傾けば、議員団も一気に脱バイデンでまとまるというのです。

目下のところは、11日の木曜日にバイデン大統領が行う「単独会見」が大きく注目されています。例えばですが、3月に大統領が両院議員総会に出席して行った「一般教書演説」のような、切れ味の良い話し方ができれば、当面の懸念は沈静化する可能性はないわけではありません。

ですが、この単独会見において、テレビ討論やABCでのインタビューの際に見せた、不明朗で弱々しく、一部に辻褄の合わないような話し方が再現されるようですと、改めて撤退論が加速する可能性があります。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

再送-日本企業の正当な活動を制約、ロシアに抗議=ト

ワールド

インド政府債務の積極的削減はソブリン格付けにプラス

ワールド

ハリス氏、激戦州で集会 トランプ氏なら「混乱と憎し

ビジネス

トランプ氏のEV支援廃止、競合社の方が打撃大きい=
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story