プレスリリース

AIが、発音の“ネイティブ度”を瞬時にチェック!世界で700万人が愛用する英会話アプリに、YouTube登録者25万人超の人気英語講師による特別レッスンが追加

2020年09月09日(水)09時44分
エルサ
“日本のユーザー限定“の新コンテンツ。サマー・レイン先生のオリジナルトピックを通じて、読み書きはできても会話が苦手、という悩みを解消するお手伝いをします。

『世界一受けたい授業』(日本テレビ)などメディア出演も多い英語講師、サマー・レイン先生の特別レッスンをELSA Speakアプリ内で提供します。英語講師YouTuberのサマー先生のレッスンプランのもと、 サマー先生の声で個人レッスンを受けているような感覚で英会話の練習ができます。


サマー先生のオリジナルレッスン
音声認識技術とAI(人工知能)を用いて英語の発音改善を支援するELSA(本社:アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ、共同創業者兼CEO:ヴー・ヴァン/Vu Van)は、2020年9月9日(水)、自社で開発・提供している、AIを搭載した英語の発音矯正アプリ「ELSA Speak(エルサ スピーク)」に新しいコンテンツを追加しました。『世界一受けたい授業』(日本テレビ)などメディア出演も多い英語講師、サマー・レイン先生の特別レッスンを提供します。


▼ 「ELSA Speak(エルサ スピーク)」サマー先生特設ページ:
https://elsanow.jp/summer-sensei/


■最新技術で、従来では単語レベルでしかできなかった発音の判定を、音レベルで可能に

インターネットの普及もあり、グローバル化が加速する中、共通言語とも言える英語のスキルアップを目指す人が世界的に増加しています。円滑なコミュニケーションをとる上で、重要な要素のひとつが“発音”。しかし、発音の改善は、高価なパーソナルレッスンを受けないと困難なのが実情です。

そこで、ELSAでは、コストを抑えつつ手軽に正確な発音を身につけるサポートをしたいと、アプリ「ELSA Speak」を開発。最新のAIが、これまでは単語レベルでしかできなかった発音の判定を、音レベルで行うことを可能にしました。リリース以来、世界で約700万人が活用している製品です。


■TOEICの受験者数241万人、英語熱は高いものの“英会話”が苦手な日本人

英語の発音は、日本語にはない音が多いため、多くの日本人学習者にとっても大きなハードルです。2019年度TOEIC Programでは 総受験者数が約241万人*にのぼるなど英語学習に熱心ながら、読み書きはできても会話が苦手という人は少なくありません。

ELSAでは、日本人が世界で活躍できるコミュニケーション力を身につける一助になればと、日本市場向けのジェネラルマネージャーを任命するなど事業展開を強化。さらに、日本のユーザー限定のコンテンツを、「ELSA Speak」に搭載することにいたしました。9年間日本で英語講師を努めているサマー・レイン先生のオリジナルトピックを提供してまいります。
*国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC):https://www.iibc-global.org/iibc/press/2020/p149.html


■テーマは、基本の「自己紹介」と、身近なトピック「日本の夏休み」「日本の日常」

サマー先生は、英会話に関する著書や、計25万人以上[1] が登録する英語学習のYouTubeチャンネルを手掛ける、この道のエキスパート。テレビ出演も多く、注目度が上昇中の講師[2] です。

今回用意したオリジナルトピックは、計3つで、合計115のレッスンが用意されています。コミュニケーションに欠かせない「自己紹介」や、身近な話題である「日本の夏休み」「日本の日常」などをテーマに設定しています。それぞれのトピックで、ボキャブラリー・フレーズ・強調アクセントの発音練習、リスニング、それにサマー先生との対話式レッスンが楽しめます。[3] 先生の発音を聞いた後、自身で発声した発音のネイティブ度をリアルタイムに測定。間違って発音した箇所、正解した箇所が色で表示され、改善ポイントがわかるので、自身で発音を矯正することが可能です。

今後も毎月、サマー先生の新しいレッスンを提供。対話式レッスンでは、自分で答える内容を選ぶインタラクティブな仕組みも導入し、英会話が苦手な人が一人でも少なくなるよう、コンテンツを充実させてまいります。
サマー先生の声でレッスンできる
フレーズの発音練習
対話式発音レッスン
強勢アクセントレッスン
リスニング
 日本の英語学習者向けの多彩なレッスン内容


【サマー・レイン先生のプロフィール】
<経歴>
1990年 アメリカ・ワシントン州シアトル生まれ
2006年 16歳(高校1年生)で日本語の勉強を始める
2008年 来日、早稲田大学入学
2012年 早稲田大学卒業
2016年 東京大学大学院 研究生として入学
2016年 英語教材執筆、監修活動開始
2017年~現在 スタンフォード大学大学院博士課程(言語学)在籍及び、日本語講師

<出演テレビ番組>
『笑っていいとも!』(フジテレビ) 発音王コーナー、『世界一受けたい授業』(日本テレビ)等

<著書>
『12週間で「話せる」が実感できる魔法のなりきり英語音読』(ICE)
『英語教材 プライムイングリッシュ 』(ICE)
『好感度UPのシンプル英会話』(DHC)

<YouTubeチャンネル>
▼「サマー先生と英会話 」:https://www.youtube.com/channel/UC91qteXE1f8puKS8lEBRUhw
▼「サマー先生のなりきり英語音読」:https://www.youtube.com/channel/UCZMf6bG2KyIgr8v_UylBITg


【ELSAについて】
本社:121 Day Street, San Francisco, CA 94131, USA
日本オフィス: 東京都港区赤坂2丁目14-11 Tenshoo Building 305
代表者:共同創業者兼CEO ヴー・ヴァン/Vu Van
設立:2015年6月
URL (グローバル):https://www.elsaspeak.com/
URL (日本):https://elsanow.jp/
事業内容:独自開発の英会話アプリ「ELSA Speak(エルサスピーク)」の提供およびサポートほか


【本件に関するお問い合わせ先】
担当者名:Shiho Watabe (バイスプレジデント・ グローバル・マーケティング責任者)
Email:shiho@elsanow.io
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ビジネス

アングル:昨年不振のバリュー株復活へ、米景気回復時

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 3

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与がトランプに三行半

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    暴君・始皇帝を賛美する中国ドラマ──独裁国家を待ち…

  • 6

    菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に…

  • 7

    「#ジョンインちゃん、ごめんね」 養父母による虐待死…

  • 8

    窮地の文在寅に金正恩から「反日同盟」の危険な誘惑

  • 9

    メルケル独首相が、ツイッターのトランプアカウント…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウ…

  • 8

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 9

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 10

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    中国を封じ込める「海の長城」構築が始まった

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!