プレスリリース

これぞ箸革命。シンプルを極めた、チタン製で一生モノの箸とストロー「TWINZ」を自社ECで販売開始

2019年12月06日(金)09時00分
株式会社Gloture
クラウドファンディングで話題のカトラリーが登場!

株式会社Gloture (本社:東京都港区、代表取締役:CHEN JUNYI) は、「TWINZ」を自社のECサイト(GLOTURE.JP)にて販売開始いたします。


一生モノの高品質なカトラリー、TWINZ
最新技術によって生み出されたTWINZ(ツインズ)は、洗練されたモダンデザインのカトラリーです。TWINZはチタンを使用することで一生モノといえる高耐久性を実現。
TWINZは使い捨ての割り箸とストローが環境に与える影響を減らし、よりエコで環境に優しい未来を迎えること、そして究極には美的価値を犠牲にせず、地球を助けることを目標に開発されました。

● 一生モノのチタン製。箸とストローをラインナップ!
● 使うたびに使い捨てが減り、地球に優しい!


使いやすいデザイン

箸、ストローともに天然リネン袋が付属します




TWINZの特徴
1. チタンが持つ適性
チタンは、天然の抗菌性を有することが知られています。 また、非多孔質および非粘着性という性質のおかげで、割り箸のように内部に何かがしみ込むことはなく、掃除も簡単です。

2. リサイクル可能
TWINZ(ツインズ)の箸は100%リサイクル可能です。 リサイクルされたチタンはチタン原料となり、他の有用な製品として再利用されます。

3. 強くて軽い
チタンは地球上で最も強く、最も丈夫な金属の一つです。さびや腐食に強いという本来の性質に加えて、非常に軽量で、携帯するのに適した素材となっています。

4. 持続可能
現代はエコの時代。環境への配慮は欠かせません。割り箸の使用をやめて、繰り返し使えるエコで再利用可能な箸を使い始めましょう。


TWINZは安心・安全設計
● 非アレルギー対応・毒性物質を使用していません
● 再利用可能&環境にやさしい
● 内分泌攪乱物質(環境ホルモン、BPA)フリー

チタンの色付けは、電気的な酸化処理によって行われます。塗料や有害な薬品は使用していません。
チタンの光沢により、光加減で見え方が変わりますことをご理解ください。


優れたデザインのチタン製 箸
研磨済み、滑り止め仕様で、食べ物をつかみやすくなっています。チタンを使用することで6.8kgの荷重に耐える堅牢性と、1本あたり7gの超軽量な箸を実現しました。




一生モノのTWINZ ストロー
高品質なストローです。ストロー内部を清潔に維持できる「掃除ブラシ」が付属します。





カラーは3種類から選べます




使い捨て箸やストローの環境問題からTWINZが生まれました
使い捨て箸の隠れた危険性を支持するデータや記事は、オンライン上で検索すると無数に出てきます。私たちは自身でテストを複数行うことにより、真実を明らかにすることにしました。

お断り:上記の試験内容は、メーカーがアメリカ国内で入手した割り箸を使用したものです。

この箸を使うだけで、無駄な伐採を減らす手伝いができます。この箸を使って楽しめる食事は、環境配慮の大きなステップなのです。

また、プラスチック製のストローは、私たちの海洋における最大の汚染源の1つです。

このため、世界中の多くの都市は、生態系への悪影響を最小限に抑えることを期待して、プラスチックストローを完全に禁止し始めています。私たちは特別に設計された再利用可能なストローを設計しました。あなたが私たちの地球を浪費から守るためにあなたの役割を果たすのを助けます。


TWINZ Studioについて
TWINZ StudioのPavin(デザイナー、マーケティング、環境保護推進者)とPeter(プロダクトデザイン)。TWINZのチタン製箸の製作プロセスは、私たちの哲学の核心とも言えるものです。 私たちがもともとこの箸について思案していた時、完成まで長い道のりになるとは予想だにしていませんでした。この完成デザインにたどり着くまでには、何ヶ月もの時間をかけ、試作品を度々作り直しました。 そして、数え切れないほどのアイデアに失敗した結果、ついに完成製品にたどり着き、ここで披露できるまでになったのです。

箸は、シンプルで、多用途に使え、しかも効率的と、人類の歴史の中で最もユニークで革新的な道具の1つであると私は常に感じていました。
どうして、使い捨ておよびプラスチック製の商品が当たり前となり、この地球に非常に大量の廃棄物を毎日投棄することになってしまったのでしょう?
このような現実は、私たちの葛藤を生み、革命的なものを開発するという重大な使命を確立しました。


Glotureについて
株式会社Gloture(グローチャー)はIT業界を中心とした近年のワークスタイルの変化に着目し、仕事の能率向上や、オフィス環境、リラグゼーションなどの分野で理想的なワークライフバランスの好循環を実現するための各種製品を取り揃えております。


販売ECサイト
株式会社GlotureのECサイト「GLOTURE.JP」にて本製品「TWINZ」を本日より販売しております。下記のURLよりお求めください。

https://gloture.jp/products/twinz

販売価格
箸(ブラック/ブルー/チタン) ¥4,600
ストロー(ブラック/ブルー/チタン) ¥2,400

※ 価格は全て税別表記
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ビジネス

ECB、銀行の配当制限を近く解除も=副総裁

ワールド

米政府、制裁の解除に同意している=イラン当局者

ビジネス

ユーロ圏PMI、6月総合は15年ぶり高水準の59.

ビジネス

日産社長、3年連続赤字「なんとしても回避」 早期復

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 3

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 6

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の…

  • 7

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 8

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 9

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 10

    台湾・ベトナムから始まる日本版ワクチン外交の勝算

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中