プレスリリース

スペースビット、世界初の月面四足歩行ロボット「ASAGUMO」を世界に先駆け日本で初公開

2019年12月05日(木)10時11分
SPACEBIT TECHNOLOGIES LTD
宇宙探索コンセプトを開発する英国スタートアップ企業のスペースビット(本社:ロンドン、CEO:パブロ・タナスユク)は、世界初の月面四足歩行ロボット「ASAGUMO(アサグモ)」の実用模型を、2019年12月5日(木)~8日(日)の間、東京と京都で開かれる国際ワークショップ「3rd International Moon Village& Symposium」(主催:ムーンビレッジアソシエーション)で世界初公開します。日本のことわざで福をもたらすとされる「朝の蜘蛛」から名付けられた本探査機は、米航空宇宙局(NASA)の「商業月面輸送サービス」プログラムの一環として、2021年に月面を探査する予定です。


ASAGUMO
スペースビットのASAGUMOには、超小型人工衛星(キューブサット)が搭載されており、重量は1.3kgです。太陽光を原動力とし、車輪や走行用ベルトは使用せず、クモの脚のような形をした四脚で歩行することが特長です。このような形状により、従来の探査機ではアクセスできなかった溶岩洞や凹凸のある地形でも、探索が可能となります。

将来的には、母船となる宇宙船から、大量の探査機を月面に輸送・配置し、収集データを地球へ送信することを計画しています。宇宙船は、夜間に探査機を保護する役割も担います。

ASAGUMOは、宇宙ロボティックを専門とする米国スタートアップ企業のアストロボティック・テクノロジー社(以下、アストロボティック社)が2021年に予定している、ペレグリン月着陸船を利用した最初の月面探索ミッションで、月へと送られる予定です。アストロボティック社は、NASAの商業月面輸送サービスのプログラムの一環として、2019年5月にNASAから7,950万ドルの資金提供を受けることが発表されました。

2021年に予定されている本ミッションでは、探査機は着陸船から10メートル歩行して、走行空間センサー「3D-LiDAR」やHDカメラなどを含む複数のセンサーを活用しながら、データを収集します。収集されたデータはペレグリン月着陸船を通して、地球の地上管制局へと送信されます。

スペースビット創業者のパブロ・タナスユクは次のように述べています。
「月面探査や宇宙ビジネスの分野は新しい時代に入り、科学的だけでなく商業的な目的でも、月への関心が急速に高まっています。ASAGUMOは、ヒトがどのように地球外で生活ができるのかを探求するために必要不可欠な情報を集められる、新しいツールです。将来的には、溶岩によって月面下に形成されたと考えられている空洞も探索可能な探査機を開発し、月面で長期的な生活が可能な領域を選別していきます」
スペースビットについて

英国の非公開企業であるスペースビットは、宇宙関連のデータ分析ツールや、AIと最先端マイクロロボティクスなどの活用を含む、ロボットによる宇宙探査コンセプトを開発しています。

スペースビットは、エンジニアリングを通じて、天体探査ソリューションを低コストで提供することに取り組んでいます。また、業界や学会に新たな機会を生み出し、月やその彼方で新たなインフラや商業資源の探査に関連する未来開発の手助けをすることを目指しています。

スペースビットは、アストロボティック社が2021年に予定しているペレグリン・ミッション用に、月探査用歩行型ロボット「ASAGUMO」の第一号を納品する合意書を、2019年9月に締結しています。NASAは2019年5月、月面着陸機開発に関してアストロボティック社を含む3社を選定し、資金提供すると発表しました。

スペースビットは、英国コーンウォールのリザード半島にある大規模な無線通信基地「グーンヒリー・アース・ステーション(Goonhilly Earth Station)」とも提携しています。計60基の通信衛星用アンテナ(うち25基以上が稼働)を有するグーンヒリーは一時、衛星地上局として世界最大の規模を誇っていました。

スペースビットの創業者であるパブロ・タナスユクは、2010年にロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)を卒業し、経営および情報システム学の修士号を取得しています。また、ケンブリッジ大学ビジネススクールより技術政策の修士号も取得しています。

スペースビットの創業以前、タナスユクは決済システム会社MoneXyの経営者として大きな成功を収め、後にMoneXy の売却で得た資金を、宇宙プロジェクトとスペースビットの立ち上げに投資しました。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

米ミサイル駆逐艦が台湾海峡通過 中国けん制か

ワールド

移民8000人が不法越境、モロッコからスペイン領セ

ビジネス

米上院民主党、半導体生産・研究強化法案を公表 52

ビジネス

寄り付きの日経平均は反落、指数寄与度が大きい銘柄が

MAGAZINE

特集:若返りの最新科学

2021年5月25日号(5/18発売)

老化は止められる? 治療の「秘薬」を探す研究に巨額マネーが流入するシリコンバレーの最前線

人気ランキング

  • 1

    「釣り禁止」 今年も恒例、カリフォルニア41郡で緊急事態発令

  • 2

    池江選手に五輪辞退をお願いするのは酷くない

  • 3

    医師が「空間除菌グッズは使うな」と警告する理由 気休めにしては危険すぎる

  • 4

    ミャンマー、地元武装勢力が撤退 国軍との戦闘激化

  • 5

    アストラゼネカ製ワクチンで健康な40代男性が血栓を…

  • 6

    「武漢株がハイエナならインド変異株は最速チーター…

  • 7

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

  • 8

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 9

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 10

    米アジア系収入、白人平均を上回る トップはインド…

  • 1

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 2

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」 欧州選手団がマジギレの東京五輪プレ大会

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ヘンリー王子は「洗脳されている」「王室はもう彼を…

  • 7

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 8

    池江選手に五輪辞退をお願いするのは酷くない

  • 9

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われ…

  • 10

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メ…

  • 5

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 6

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 7

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 8

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 9

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 10

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中